日本のまつろわぬ民―漂泊する産鉄民の残痕 [単行本]

販売休止中です

    • 日本のまつろわぬ民―漂泊する産鉄民の残痕 [単行本]

    • ¥1,98060ポイント(3%還元)
100000009001086665

日本のまつろわぬ民―漂泊する産鉄民の残痕 [単行本]

価格:¥1,980(税込)
ポイント:60ポイント(3%還元)(¥60相当)
フォーマット:
日本全国配達料金無料
出版社:新人物往来
販売開始日:2011/04/23
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 394390位

日本のまつろわぬ民―漂泊する産鉄民の残痕 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    教科書には載らない歴史??たとえば、朝廷に逆らう勢力として『古事記』に登場する「荒らぶる神」や「伏わぬ人々」の朧げな姿をできる限り追究し、鬼や妖怪、山人や山伏・巫女・遊女・傀儡子・渡世人・忍者など、天皇を頂点とする「表の世界」の外に位置していた陰の側の住民の足跡を追う。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    鬼の長者―古代産鉄民はどこへ消えたのか?「鬼退治」譚に隠された真相に迫る
    河童と怨霊―正体は河童だった?のちに神格化される道真の怨霊と、その演出者たち
    「猿」という暗号―全国に残る小町伝説。歴史上の「猿」と忍者・秀吉・日光を結ぶ小野氏の影
    鬼の王国―「鬼の法王」道鏡…。南北朝から戦国へ、歴史の闇から蘇る「鬼の王国」
    独眼の神々―「ひょっとこ」と山本勘助の出自が物語る一目という特徴と産鉄民の影
    東の傀儡子と西の遊女―源平の争乱の影の立役者として暗躍した傀儡子の正体に迫る
    忍者の源流―江戸時代には盗賊や遊女屋、古着屋となった忍者の正体を探る
    博徒の本地―江戸時代の博徒は漂泊できなくなった「鬼」の末裔である
    天狗奇譚―山伏の装束で顔が赤く鼻の高い姿形の天狗と反体制的な鬼との関係を考える〔ほか〕
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    水澤 龍樹(ミズサワ タツキ)
    1957年(昭和32)生。群馬県出身。群馬大学教育学部卒業

日本のまつろわぬ民―漂泊する産鉄民の残痕 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:新人物往来社
著者名:水澤 龍樹(著)
発行年月日:2011/04/29
ISBN-10:4404040040
ISBN-13:9784404040046
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本歴史
ページ数:271ページ
縦:19cm

    新人物往来 日本のまつろわぬ民―漂泊する産鉄民の残痕 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!