五重塔入門(とんぼの本) [全集叢書]
    • 五重塔入門(とんぼの本) [全集叢書]

    • ¥1,76053ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年12月14日土曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001088389

五重塔入門(とんぼの本) [全集叢書]

価格:¥1,760(税込)
ポイント:53ポイント(3%還元)(¥53相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年12月14日土曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:新潮社
販売開始日:2012/01/27
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 128566位

五重塔入門(とんぼの本) [全集叢書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    釈迦の遺骨を納める場所として、インドで生れた仏塔は、中国、朝鮮を経て、日本で特異な発達を遂げます。それが五重塔―スカイツリーにも採用された「心柱」とはいったい何か?地震に強いという説は本当か?大工の腕の見せどころはどこ?法隆寺、室生寺、東寺ほか、国宝の五重塔全11塔の歴史、工法、見どころを詳細に案内します。また、飛鳥時代から江戸時代、そして廃仏毀釈の苦難を乗りこえて現代にいたるまで、五重塔をさまざまな角度から考察した画期的通史も。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    法隆寺―謎だらけの最古の塔
    海龍王寺―工芸的な、余りに工芸的な
    元興寺―模型か本尊か
    室生寺―すがすがしさの理由
    醍醐寺―調和と緊張
    海住山寺―動乱の世をはなれて
    明王院―繁栄の名残り
    羽黒山―神か仏か
    興福寺―1200年前から名所
    瑠璃光寺―戦国武士の墓標
    教王護国寺―空海の塔
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    藤森 照信(フジモリ テルノブ)
    建築史家。建築家。東京大学名誉教授。工学院大学教授。1946年長野県生れ。東京大学大学院工学系研究科建築学専攻博士課程修了。1983年、『明治の東京計画』(岩波書店)で毎日出版文化賞受賞。1986年、赤瀬川原平、南伸坊らと路上観察学会を発足。1991年“神長官守矢史料館”で建築家デビュー。1997年“ニラハウス”で日本芸術大賞、2001年“熊本県立農業大学校学生寮”で日本建築学会作品賞を受賞

    前橋 重二(マエハシ ジュウジ)
    ライター。1953年東京都生れ。慶應義塾大学経済学部卒業。美術雑誌、自然科学書などの編集を手がける

五重塔入門(とんぼの本) [全集叢書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:新潮社
著者名:藤森 照信(著)/前橋 重二(著)
発行年月日:2012/01/25
ISBN-10:410602229X
ISBN-13:9784106022296
判型:B5
対象:一般
発行形態:全集叢書
内容:建築
ページ数:125ページ
縦:22cm
横:16cm

    新潮社 五重塔入門(とんぼの本) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!