磁力と重力の発見〈2〉ルネサンス [全集叢書]
    • 磁力と重力の発見〈2〉ルネサンス [全集叢書]

    • ¥3,30099ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年9月27日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001094133

磁力と重力の発見〈2〉ルネサンス [全集叢書]

価格:¥3,300(税込)
ポイント:99ポイント(3%還元)(¥99相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年9月27日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:みすず書房
販売開始日: 2003/05/24
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

磁力と重力の発見〈2〉ルネサンス [全集叢書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    古代以来、もっぱら磁力によって例示されてきた“遠隔力”は、近代自然科学の誕生をしるしづける力概念の確立にどのように結びついていったのか。第2巻では、従来の力学史・電磁気学史でほとんど無視されてきたといっていいルネサンス期を探る。本書は技術者たちの技術にたいする実験的・合理的アプローチと、俗語による科学書執筆の意味を重視しつつ、思想の枠組としての魔術がはたした役割に最大の注目を払う。脱神秘化する魔術と理論化される技術。清新の気にみちた時代に、やがてふたつの流れは合流し、後期ルネサンスの魔術思想の変質―実験魔術―をへて、新しい科学の思想と方法を産み出すのである。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第9章 ニコラウス・クザーヌスと磁力の量化
    第10章 古代の発見と前期ルネサンスの魔術
    第11章 大航海時代と偏角の発見
    第12章 ロバート・ノーマンと『新しい引力』
    第13章 鉱業の発展と磁力の特異性
    第14章 パラケルススと磁気治療
    第15章 後期ルネサンスの魔術思想とその変貌
    第16章 デッラ・ポルタの磁力研究

磁力と重力の発見〈2〉ルネサンス [全集叢書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:みすず書房
著者名:山本 義隆(著)
発行年月日:2003/05/22
ISBN-10:462208032X
ISBN-13:9784622080329
判型:B6
対象:教養
発行形態:全集叢書
内容:自然科学総記
ページ数:317ページ ※305-604,18P
縦:20cm
その他:ルネサンス
他のみすず書房の書籍を探す

    みすず書房 磁力と重力の発見〈2〉ルネサンス [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!