「戦争」の心理学―人間における戦闘のメカニズム [単行本]
    • 「戦争」の心理学―人間における戦闘のメカニズム [単行本]

    • ¥2,59278ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001095659

「戦争」の心理学―人間における戦闘のメカニズム [単行本]

価格:¥2,592(税込)
ポイント:78ポイント(3%還元)(¥78相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:二見書房
販売開始日:2008/03/03
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 103083位

「戦争」の心理学―人間における戦闘のメカニズム [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    極限状況では心と身体になにが起きるのか?名著『戦争における「人殺し」の心理学』待望の続編!戦闘の心理と生理について徹底的に研究した衝撃の問題作。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 戦闘の生理―戦闘中の人体の解剖学(戦闘―普遍的な人間恐怖症
    戦闘の過酷な現実―海外戦争復員兵協会(VFW)では聞けないこと ほか)
    第2部 戦闘中の知覚の歪み―意識変容状態(目と耳―選択的聴覚抑制、音の強化、トンネル視野
    自動操縦―「正直な話、自分がなにをしてるか気づいてなかった」 ほか)
    第3部 戦闘の呼び声―こんな男たちがどこから生まれてくるのか(殺人機械―数少ない真の戦士がもたらす影響
    ストレスの予防接種と恐怖―みじめになる練習をする ほか)
    第4部 戦闘の代償―煙が晴れたあと(安堵と自責とその他の感情―「世界が裏返った」
    ストレス、不確実、“四つのF”―警告は警備 ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    グロスマン,デーヴ(グロスマン,デーヴ/Grossman,Dave)
    学者、著述家、軍人、講演者として国際的に活躍。人間の攻撃性および暴力・暴力犯罪の原因という分野の専門家として世界的に知られている。陸軍士官学校の心理学・軍事学教授であり、また陸軍レンジャーとしての豊かな経験もある。これらをもとにして新しい科学的研究の分野を創設し、これに「殺人学(killology)」と名づけている。この分野において著者は革命的とも言える研究をおこない、戦争における殺人、戦争の心理学的代償、世界中でいま暴力犯罪をはびこらせている「ウイルス」の根本原因、および戦時・平時における暴力被害者の治癒について、人々の理解を深めるために多大な貢献をしている

    クリステンセン,ローレン・W.(クリステンセン,ローレンW./Christensen,Loren W.)
    護身術、不良グループ、白人優越論者による犯罪、警察官の生き残り、および警察の関わる致命的武力対決の心理学的影響に関する専門家として知られる。29年間法執行の世界に身を置いたのち、オレゴン州ポートランド警察署を1997年に退職した。米国陸軍憲兵としてベトナムで3年間勤務したこともある。警察による腕力および武力の使用に関する専門家として、州および連邦の裁判で証言している

    安原 和見(ヤスハラ カズミ)
    1960年鹿児島県生まれ。東京大学文学部西洋史学科卒業

「戦争」の心理学―人間における戦闘のメカニズム [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:二見書房
著者名:デーヴ グロスマン(著)/ローレン・W. クリステンセン(著)/安原 和見(訳)
発行年月日:2008/03/25
ISBN-10:4576080075
ISBN-13:9784576080079
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:外国文学その他
ページ数:606ページ
縦:20cm
その他: 原書名: ON COMBAT:The Psychology and Physiology of Deadly Conflict in War and in Peace〈Grossman,Dave;Christensen,Loren W.〉

    二見書房 「戦争」の心理学―人間における戦闘のメカニズム [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!