依頼人は死んだ(文春文庫) [文庫]
    • 依頼人は死んだ(文春文庫) [文庫]

    • ¥77024ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年5月23日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001099053

依頼人は死んだ(文春文庫) [文庫]

  • 5.0
価格:¥770(税込)
ポイント:24ポイント(3%還元)(¥24相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年5月23日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:文藝春秋
販売開始日: 2003/06/10
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

依頼人は死んだ(文春文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    念願の詩集を出版し順風満帆だった婚約者の突然の自殺に苦しむ相場みのり。健診を受けていないのに送られてきたガンの通知に当惑する佐藤まどか。決して手加減をしない女探偵・葉村晶に持つこまれる様々な事件の真相は、少し切なく、少しこわい。構成の妙、トリッキーなエンディングが鮮やかな連作短篇集。
  • 内容(「BOOK」データベースより)

    濃紺の悪魔;詩人の死;たぶん、暑かったから;鉄格子の女;アヴェ・マリア;依頼人は死んだ;女探偵の夏休み;わたしの調査に手加減はない;都合のいい地獄
  • 出版社からのコメント

    女探偵・葉村晶に持ちこまれる様々な事件。例えば、市役所から突然送られてきたガンの通知……その真相は少し切なく、少しこわい
  • 内容紹介

    念願の詩集を出版し順風満帆だった婚約者の突然の自殺に苦しむ相場みのり。健診を受けていないのに送られてきたガンの通知に当惑する佐藤まどか。決して手加減をしない女探偵・葉村晶(あきら)に持ちこまれる様々な事件の真相は、少し切なく、少しこわい。構成の妙、トリッキーなエンディングが鮮やかな連作短篇集。解説・重里徹也

    【追記】「アメトーーク」の「本屋で読書芸人」でカズレーサーさんに「女探偵・葉村晶シリーズ」の『静かな炎天』を推薦していただきました!
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    若竹 七海(ワカタケ ナナミ)
    昭和38(1963)年、東京生まれ。立教大学文学部卒。平成3年、「ぼくのミステリな日常」で作家デビュー

依頼人は死んだ(文春文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:文藝春秋
著者名:若竹 七海(著)
発行年月日:2003/06/10
ISBN-10:4167656671
ISBN-13:9784167656676
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:338ページ
縦:16cm
他の文藝春秋の書籍を探す

    文藝春秋 依頼人は死んだ(文春文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!