ボクには世界がこう見えていた―統合失調症闘病記(新潮文庫) [文庫]
    • ボクには世界がこう見えていた―統合失調症闘病記(新潮文庫) [文庫]

    • ¥69321ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年10月25日金曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001099847

ボクには世界がこう見えていた―統合失調症闘病記(新潮文庫) [文庫]

価格:¥693(税込)
ポイント:21ポイント(3%還元)(¥21相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年10月25日金曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:新潮社
販売開始日:2011/10/28
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 219737位

ボクには世界がこう見えていた―統合失調症闘病記(新潮文庫) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    早稲田大学を出てアニメーション制作会社へ入ったごく普通の青年がいた。駆け出しながら人気アニメ作品の演出にも携わるようになったが、24歳のある日を境に、仕事場では突飛な大言壮語をし、新聞記事を勝手に自分宛のメッセージと感じ、また盗聴されている、毒を盛られるといった妄想を抱き始め…。四半世紀に亘る病の経過を患者本人が綴る稀有な闘病記にして、一つの青春記。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 兆候(一九六二年~一九八四年)
    第2章 現実との闘い(一九八四年~一九八六年)
    第3章 意識革命(一九八六年七月)
    第4章 幻覚妄想(一九八六年七月二十五日~七月二十七日)
    第5章 入院(一九八六年七月~十一月)
    第6章 出発(一九八六年十一月~一九八八年十二月)
    第7章 想像と妄想の狭間(一九八九年一月~十月)
    第8章 躁病、そして再入院(一九八九年十月~十二月)
    第9章 再出発(一九九〇年一月~一九九一年四月)
    最終章 障害があっても(一九九一年~現在)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    小林 和彦(コバヤシ カズヒコ)
    1962(昭和37)年、横浜生れ。’80年、早稲田大学商学部に入学し、在学中は「早稲田大学アニメーション同好会」に参加。’84年、大学卒業後にアニメーション制作会社「亜細亜堂」に入社し、アニメーター、演出家として「タッチ」「ドラえもん」「日本昔ばなし」などの作品に携わるようになる。’86年7月、幻覚妄想状態に陥り、精神神経科に入院。同11月に退院し、まもなく職場に復帰したが、’88年に退社。以後も、発症のために数回の入退院を繰り返している

ボクには世界がこう見えていた―統合失調症闘病記(新潮文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:新潮社
著者名:小林 和彦(著)
発行年月日:2011/11/01
ISBN-10:4101354413
ISBN-13:9784101354415
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:382ページ
縦:16cm

    新潮社 ボクには世界がこう見えていた―統合失調症闘病記(新潮文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!