生きてるだけで、愛。(新潮文庫) [文庫]
    • 生きてるだけで、愛。(新潮文庫) [文庫]

    • ¥44014ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年10月22日火曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001100002

生きてるだけで、愛。(新潮文庫) [文庫]

価格:¥440(税込)
ポイント:14ポイント(3%還元)(¥14相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年10月22日火曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:新潮社
販売開始日:2009/02/28
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 77760位

生きてるだけで、愛。(新潮文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    あたしってなんでこんな生きてるだけで疲れるのかなあ。25歳の寧子は、津奈木と同棲して三年になる。鬱から来る過眠症で引きこもり気味の生活に割り込んできたのは、津奈木の元恋人。その女は寧子を追い出すため、執拗に自立を迫るが…。誰かに分かってほしい、そんな願いが届きにくい時代の、新しい“愛”の姿。芥川賞候補の表題作の他、その前日譚である短編「あの明け方の」を収録。
  • 内容(「BOOK」データベースより)

    生きてるだけで、愛。
    あの明け方の
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    本谷 有希子(モトヤ ユキコ)
    1979(昭和54)年石川県生れ。高校卒業後上京し、2000(平成12)年「劇団、本谷有希子」を旗揚げ。主宰として作・演出を手掛ける。小説家としても活動を開始し、「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」が三島由紀夫賞候補、「生きてるだけで、愛。」は同賞および芥川賞候補となる。’06年上演の戯曲「遭難、」で鶴屋南北戯曲賞を最年少で受賞し、’08年の上演作「幸せ最高ありがとうマジで!」では、岸田國士戯曲賞を受賞した。また、映画「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」は’07年にカンヌ国際映画祭批評家週間に正式出品された。そのほか、雑誌でのエッセイ執筆等、多方面で活躍

生きてるだけで、愛。(新潮文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:新潮社
著者名:本谷 有希子(著)
発行年月日:2009/03/01
ISBN-10:4101371717
ISBN-13:9784101371719
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
ページ数:145ページ
縦:16cm

    新潮社 生きてるだけで、愛。(新潮文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!