日本型ワーキングプアの本質―多様性を包み込み活かす社会へ [単行本]

販売休止中です

    • 日本型ワーキングプアの本質―多様性を包み込み活かす社会へ [単行本]

    • ¥2,64080ポイント(3%還元)
100000009001101722

日本型ワーキングプアの本質―多様性を包み込み活かす社会へ [単行本]

価格:¥2,640(税込)
ポイント:80ポイント(3%還元)(¥80相当)
日本全国配達料金無料
出版社:岩波書店
販売開始日:2010/05/29
ご確認事項:返品不可

日本型ワーキングプアの本質―多様性を包み込み活かす社会へ の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「年越し派遣村」は非正規労働とワーキングプアとが背中合わせにあることを明らかにした。同じ深刻な「貧困問題」を抱える韓国などとの比較を通じて、多様な労働者を包み込む社会制度の確立のための道を、豊富なデータと取材から探究する。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 「年越し派遣村」から見えたもの―社会的連帯は可能か
    第2章 プレカリアートの増大―非正規労働者の日韓比較
    第3章 日本における主婦パートの誕生とその変遷
    第4章 子供の貧困からみえてくるもの―貧困の次世代への連鎖を断ち切れるか
    第5章 壁を壊せるか
    第6章 社会的連帯は可能か
    第7章 だれもひとりでは生きられない―韓国社会の非正規問題へのアプローチ
    第8章 希望の経済学
    終章 多様性を包み込み活かす社会へ
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    大沢 真知子(オオサワ マチコ)
    1952年東京生まれ。日本女子大学人間社会学部教授。1975年成蹊大学文学部卒業。1980年南イリノイ大学経済学研究科博士課程修了。以後、コロンビア大学で研究活動を続け、1984年、Ph.D.(経済学博士)。シカゴ大学ヒューレット・フェロー、ミシガン大学助教授、日本労働研究機構研究員、亜細亜大学助教授を経て現職。専門は労働経済学

日本型ワーキングプアの本質―多様性を包み込み活かす社会へ の商品スペック

商品仕様
出版社名:岩波書店
著者名:大沢 真知子(著)
発行年月日:2010/05/27
ISBN-10:4000242717
ISBN-13:9784000242714
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会
ページ数:250ページ
縦:20cm

    岩波書店 日本型ワーキングプアの本質―多様性を包み込み活かす社会へ [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!