世界のどこかで居候 [単行本]
    • 世界のどこかで居候 [単行本]

    • ¥2,09063ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年7月26日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001103181

世界のどこかで居候 [単行本]

中山 茂大(文)阪口 克(写真)
価格:¥2,090(税込)
ポイント:63ポイント(3%還元)(¥63相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年7月26日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:リトル・モア
販売開始日: 2010/02/06
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

世界のどこかで居候 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    図々しくも世界のどこかのご家庭に「おじゃまします!」。一泊二泊ではお客さん、三日を過ぎて「いてもいなくてもどっちでもいい」と思われて初めて居候。モンゴル、イエメン、パプアニューギニア、インド、モロッコ、ネパール、カンボジア―ライター&カメラマンの「居候」コンビが覗いた、世界のどこかのふつうの人のふつうの暮らし。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    モンゴル―ひとつのゲルにみんなで暮らす「シアワセ家族」
    イエメン―気さくで心優しい男たちが集う「お気楽家族」
    パプアニューギニア―同じ人類とは思えないけど、とっても親切な「男の家」
    インド ラダック―チベット仏教の信仰篤い「ほのぼの家族」
    モロッコ アトラス山麓―アトラス山麓の緑豊かな土地で、ベルベル人の「あったか農家」に居候
    モロッコ サハラ砂漠―サハラのノマドテントに居候。子だくさんの「にぎやか家族」
    カンボジア―カンボジア・トンレサップ湖の水上集落で「楽チン生活」
    ネパール―ヒマラヤの懐に抱かれた豊かな集落の「のんびり家族」
    世界のどこかでちょっとだけ居候
    人力社的「居候学」のススメ
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    中山 茂大(ナカヤマ シゲオ)
    1969年北海道生まれ。探検部に所属していた大学時代に南米をロバを連れて6000キロ踏破。出版社勤務を経て『ロバと歩いた南米アンデス紀行』(双葉社)発表を機に独立

    阪口 克(サカグチ カツミ)
    1972年奈良県生まれ。大学・写真学校を卒業後、スタジオ勤務を経てオーストラリアへ。帰国後フリーカメラマン

世界のどこかで居候 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:リトルモア
著者名:中山 茂大(文)/阪口 克(写真)
発行年月日:2010/02/18
ISBN-10:489815283X
ISBN-13:9784898152836
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:287ページ
縦:21cm
他のリトル・モアの書籍を探す

    リトル・モア 世界のどこかで居候 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!