日本思想史新論―プラグマティズムからナショナリズムへ(ちくま新書) [新書]
    • 日本思想史新論―プラグマティズムからナショナリズムへ(ちくま新書) [新書]

    • ¥90228ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001105080

日本思想史新論―プラグマティズムからナショナリズムへ(ちくま新書) [新書]

  • 5.0
価格:¥902(税込)
ポイント:28ポイント(3%還元)(¥28相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:筑摩書房
販売開始日: 2012/02/08
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

日本思想史新論―プラグマティズムからナショナリズムへ(ちくま新書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    幕末の危機に際して、優れた国家戦略を構想した会沢正志斎。尊王攘夷を唱えつつ、抜本的な内政改革を訴えた彼の『新論』はけっして無謀な排外主義ではなかった。むしろそのプラグマティックで健全なナショナリズムに学ぶべきところは大きい。正志斎の思想の秘められたルーツを伊藤仁斎、荻生徂徠の古学に探り、やがてその実学の精神が福沢諭吉の戦略思想に引き継がれていることを解明。隠された思想の系譜を掘り起こし、現代日本人が求めてやまない国家戦略の封印を解き放つ。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 消された系譜―古学・実学・水戸学(開国イデオロギーの呪縛;開国までの歴史 ほか)
    第2章 伊藤仁斎の生の哲学(尊王攘夷論の導火線;解釈学 ほか)
    第3章 荻生徂徠の保守思想(徹底したプラグマティスト;方法論 ほか)
    第4章 会沢正志斎の自由主義(古学が生んだ戦略家;古学と水戸学 ほか)
    第5章 福沢諭吉の尊王攘夷(実学を重んじたナショナリスト;福沢諭吉の国体論 ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    中野 剛志(ナカノ タケシ)
    1971年生まれ。京都大学大学院工学研究科准教授。専門は経済ナショナリズム。東京大学教養学部卒業。エディンバラ大学より博士号取得(社会科学)。経済産業省産業構造課課長補佐を経て現職。イギリス民族学会Nations and Nationalism Prize受賞

日本思想史新論―プラグマティズムからナショナリズムへ(ちくま新書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:筑摩書房
著者名:中野 剛志(著)
発行年月日:2012/02/10
ISBN-10:4480066543
ISBN-13:9784480066541
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:哲学
ページ数:236ページ
縦:18cm
他の筑摩書房の書籍を探す

    筑摩書房 日本思想史新論―プラグマティズムからナショナリズムへ(ちくま新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!