減災政策論入門―巨大災害リスクのガバナンスと市場経済(シリーズ災害と社会〈4〉) [全集叢書]
    • 減災政策論入門―巨大災害リスクのガバナンスと市場経済(シリーズ災害と社会〈4〉) [全集叢書]

    • ¥2,86086ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001107393

減災政策論入門―巨大災害リスクのガバナンスと市場経済(シリーズ災害と社会〈4〉) [全集叢書]

  • 4.0
価格:¥2,860(税込)
ポイント:86ポイント(3%還元)(¥86相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:弘文堂
販売開始日: 2008/11/20
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

減災政策論入門―巨大災害リスクのガバナンスと市場経済(シリーズ災害と社会〈4〉) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    我が国ではこれから半世紀ほどの間に、東海・東南海・南海地震などの超広域地震津波災害や、首都直下地震などの大規模都市災害の発生が懸念されており、1万人を超える人的被害や100兆円近い経済的被害など、いずれも我が国にとって未曾有の大災害になることが予想されている。さらに地球温暖化によるグローバルな気候変動が、将来的に大規模な風水害の発生可能性を高めていることも指摘されている。このように、今後発生が予測される超巨大災害に対して、我々の社会はどう向き合い、どのような公共政策を構想してゆけば良いのだろうか。これが本書の問題意識である。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 減災政策論の基本的視点(我が国の戦後防災行政の成果
    住宅耐震改修促進施策にみる防災対策の特徴
    住宅再建支援制度にみる防災対策の特徴
    減災政策の基本的特性
    減災政策の課題)
    第2章 災害と経済システム(経済的被害とは何か
    災害が経済に及ぼす影響
    贈与経済
    巨大災害からの経済復興とその課題
    将来の巨大災害における経済リスク
    災害復興財政制度
    阪神・淡路大震災の直接被害額の補正)
    第3章 地域防災(「地域防災」概念の生成と発展
    防災行政と地域防災計画
    地域防災計画の相対化現象)
    第4章 巨大災害に向けたガバナンスの再構築―まとめに代えて(これまでの振り返り
    減災政策におけるガバナンスの課題)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    永松 伸吾(ナガマツ シンゴ)
    中央大学法学部政治学科卒業。大阪大学大学院国際公共政策研究科比較公共政策専攻・博士後期課程退学。同研究科助手。この間財務省よりAsian Disaster Preparedness Center客員研究員としてバンコクに派遣。阪神・淡路大震災記念人と防災未来センター専任研究員を経て、独立行政法人防災科学技術研究所特別研究員。地域安全学会奨励賞(2003年)、日本計画行政学会奨励賞(2008年)を受賞。国際公共政策博士

減災政策論入門―巨大災害リスクのガバナンスと市場経済(シリーズ災害と社会〈4〉) の商品スペック

商品仕様
出版社名:弘文堂
著者名:永松 伸吾(著)
発行年月日:2008/11/30
ISBN-10:4335501048
ISBN-13:9784335501043
判型:A5
対象:専門
発行形態:全集叢書
内容:社会
ページ数:255ページ
縦:22cm
他の弘文堂の書籍を探す

    弘文堂 減災政策論入門―巨大災害リスクのガバナンスと市場経済(シリーズ災害と社会〈4〉) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!