ひめねずみとガラスのストーブ [絵本]
    • ひめねずみとガラスのストーブ [絵本]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年5月9日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001108799

ひめねずみとガラスのストーブ [絵本]

価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年5月9日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2011/11/02
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ひめねずみとガラスのストーブ [絵本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    風の子なのに、さむがりのフーは、くまストーブ店で、とびきり上等のガラスのストーブを手にいれました。森のなかで、ゆらゆらゆれる火を見ていると、ちっちゃなひめねずみがやってきました。風の子フーとひめねずみのすてきなすてきな物語。
  • 内容紹介

    不思議なやさしさのあるファンタジー絵本

    没後12年たった今でも、安房直子さんの不思議な魅力は衰えることなく、その世界は、読む人の心を引きつけ、解放してくれる魔法の空間です。子どもから大人まで、幅広いファンに支えられ、今なお、多くの作品が、読まれています。
    安房直子の絵本としてこれまで、『山のタンタラばあさん』、『くまの楽器店』を出版しており、好評いただいています。3作品目として、『ひめねずみとガラスのストーブ』をラインナップいたします。
    この作品は、1969年『目白児童文学』に発表され、その後は、どこにも掲載されずに埋もれていた作品です。今回、スロヴァキア在住の降矢ななさんのすばらしい絵でよみがえりました。
    風の子のくせに寒がりのフーは、くまのストーブ店でガラスのストーブを手にいれます。美しいストーブに火をつけて暖まっていますと、ひめねずみがやってきました。「お日さまがおっこちてきたのかと思った」ガラスのストーブは、心まで温かくなるようでした。時間と空間をこえて旅をするうちに、フーは大人へと成長していきます。
    心いやされるお話しの世界は、こどもから大人まで堪能できるでしょう。

    【編集担当からのおすすめ情報】
    ふんわり浮遊感のある独特な安房直子さんのファンタジーの世界を、降矢ななさんが、奥行きのあるすばらしい絵で表現してくださいました。とにかく読み応えのある心に残る絵本です。

    図書館選書
    風の子フーは、くまのストーブ店でガラスのストーブを手にいれました。美しいストーブに火をつけて暖まっていますと、ひめねずみがやってきました。時間と空間をこえて、安房直子の不思議な世界が広がります。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    安房 直子(アワ ナオコ)
    1943年、東京に生まれる。日本女子大学国文科卒業。在学中より山室静氏に師事、「目白児童文学」「海賊」を中心に、心に残る数々の美しい物語を発表。1993年永眠。『さんしょっ子』で第3回日本児童文学者協会新人賞、『北風のわすれたハンカチ』で第19回産経児童出版文化賞推薦、『風と木の歌』で第22回小学館文学賞、『遠い野ばらの村』で第20回野間児童文芸賞、『山の童話風のローラースケート』で第3回新美南吉児童文学賞、『花豆の煮えるまで―小夜の物語』でひろすけ童話賞、赤い鳥文学賞特別賞ほか多数受賞する

    降矢 なな(フリヤ ナナ)
    1961年東京生まれ。スロヴァキア共和国のブラチスラヴァ美術大学でドゥシャン・カーライ教授に師事、石版画を学ぶ。スロヴァキア在住

ひめねずみとガラスのストーブ [絵本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:安房 直子(作)/降矢 なな(絵)
発行年月日:2011/11/05
ISBN-10:4097264516
ISBN-13:9784097264514
判型:規大
対象:児童
発行形態:絵本
内容:絵画・彫刻
言語:日本語
ページ数:48ページ
縦:27cm
横:26cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 ひめねずみとガラスのストーブ [絵本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!