科学の扉をノックする(集英社文庫) [文庫]
    • 科学の扉をノックする(集英社文庫) [文庫]

    • ¥54017ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年8月22日木曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001108825

科学の扉をノックする(集英社文庫) [文庫]

価格:¥540(税込)
ポイント:17ポイント(3%還元)(¥17相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年8月22日木曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:集英社
販売開始日:2011/03/18
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 52283位

科学の扉をノックする(集英社文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    宇宙のはじまりはカップからこぼれたコーヒー?人間が豚を食べられるのは遺伝子のおかげ?作家、小川洋子が様々な分野で活躍する科学のスペシャリスト7人にインタビュー。科学の不思議を解き明かすため、日々研究に打ち込むひとびとの真摯な姿に迫る。そこから見えてきた興味深い成果の数々とは。ふとした疑問から巨大な謎まで、科学に関するあなたの『?』を解決する珠玉の入門書。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1章 宇宙を知ることは自分を知ること―渡部潤一と国立天文台にて
    2章 鉱物は大地の芸術家―堀秀道と鉱物科学研究所にて
    3章 命の源“サムシング・グレート”―村上和雄と山の上ホテルにて
    4章 微小な世界を映し出す巨大な目―古宮聰とスプリングエイトにて
    5章 人間味あふれる愛すべき生物、粘菌―竹内郁夫と竹内邸にて
    6章 平等に生命をいとおしむ学問“遺体科学”―遠藤秀紀と国立科学博物館分館にて
    7章 肉体と感覚、この矛盾に挑む―続木敏之と甲子園球場にて
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    小川 洋子(オガワ ヨウコ)
    1962年、岡山県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。88年、「揚羽蝶が壊れる時」で海燕新人文学賞受賞。91年、「妊娠カレンダー」で芥川賞受賞。2004年、『博士の愛した数式』で読売文学賞と第1回本屋大賞、『ブラフマンの埋葬』で鏡境花文学賞受賞、06年『ミーナの行進』で谷崎潤一郎賞受賞。海外で翻訳された作品も多く、『薬指の標本』はフランスで映画化されている

科学の扉をノックする(集英社文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:集英社
著者名:小川 洋子(著)
発行年月日:2011/03/25
ISBN-10:4087466744
ISBN-13:9784087466744
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:201ページ
縦:16cm

    集英社 科学の扉をノックする(集英社文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!