家計消費の経済分析(一橋大学経済研究叢書) [全集叢書]
    • 家計消費の経済分析(一橋大学経済研究叢書) [全集叢書]

    • ¥5,500165ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001109546

家計消費の経済分析(一橋大学経済研究叢書) [全集叢書]

価格:¥5,500(税込)
ポイント:165ポイント(3%還元)(¥165相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:岩波書店
販売開始日: 2011/03/17
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

家計消費の経済分析(一橋大学経済研究叢書) [全集叢書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    近年、家計消費分析は、マクロデータによる線形時系列モデルの推定から、ミクロデータを用いた不確実性下の非線形動学構造推定へと急速に進化している。本書は、パネルデータを中心とする日本の様々な家計ミクロデータと最新の分析手法を用い、諸外国との比較を行いながら、理論と実証の両面から家計消費メカニズムを明らかにする。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 消費理論の基礎
    第2章 計量分析の基礎
    第3章 完備資本市場下における家計消費
    第4章 恒常所得・ライフサイクルモデル
    第5章 消費の過剰反応
    第6章 予備的貯蓄
    第7章 流動性制約
    第8章 所得過程の推定
    第9章 消費・所得のライフサイクルプロファイル
    第10章 家計消費支出データの変動と計測誤差
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    阿部 修人(アベ ナオヒト)
    1969年生まれ。93年3月一橋大学経済学部卒業、95年同大学経済学研究科修士課程修了、2000年Yale UniversityでPh.D.取得。同年一橋大学経済研究所専任講師、現在同准教授。専攻は日本経済論、マクロ経済学、産業組織論

家計消費の経済分析(一橋大学経済研究叢書) [全集叢書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:岩波書店
著者名:阿部 修人(著)
発行年月日:2011/03/15
ISBN-10:4000099191
ISBN-13:9784000099196
判型:A5
対象:専門
発行形態:全集叢書
内容:経済・財政・統計
ページ数:258ページ
縦:21cm
他の岩波書店の書籍を探す

    岩波書店 家計消費の経済分析(一橋大学経済研究叢書) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!