政治家の胸中―肉声でたどる政治史の現場 [単行本]
    • 政治家の胸中―肉声でたどる政治史の現場 [単行本]

    • ¥3,08093ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年5月29日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001110379

政治家の胸中―肉声でたどる政治史の現場 [単行本]

価格:¥3,080(税込)
ポイント:93ポイント(3%還元)(¥93相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年5月29日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:藤原書店
販売開始日: 2012/09/24
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

政治家の胸中―肉声でたどる政治史の現場 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    岸信介、佐藤栄作、田中角栄、三木武夫、福田赳夫から小泉純一郎まで約四十年、戦後政治の激変期の中で、第一線の政治記者として著者が間近に接してきた政治指導者の肉声から迫る、政治家の器量と、政治の真髄。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    「雨が降っても官邸」―政治取材の現場
    「これでまた野蛮な国と…」―三島事件と保利茂
    「辛亥の年だなあ」―佐藤栄作の自信と不安
    「書かせろ、書かせろ」―田中角栄と金大中事件
    「ボク行くよ」―三木武夫の中東訪問
    「カニの死にばさみ」―岸信介の警告
    「全面支持だ」―福田赳夫のひとこと
    「摩擦があるから走るんだ」―三木武夫とロッキード事件
    「総理でなくても仕事はできる」―福田赳夫と四十日抗争
    「メジロがあんまり高いところで」―竹下、金丸とリューリーダーの会
    「まだまだ…」―暗愚でも仏でもなかった鈴木善幸
    「過去と未来を見すえて」―中曽根康弘と「戦後政治の総決算」
    「ここからは一瀉千里だ」―竹下登の気配りと執念
    「ミコシは軽くてパーがいい」―政治の改革と劣化の軌跡
    「改革なくして成長なし」―小泉純一郎と無党派層の時代
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    老川 祥一(オイカワ ショウイチ)
    読売新聞グループ本社取締役最高顧問。1941年東京都出身。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。64年読売新聞社(東京本社)に入社し、盛岡支局に配属。70年政治部、76年ワシントン支局。論説委員、政治部長などを経て、取締役編集局長、大阪本社専務取締役編集担当、大阪本社代表取締役社長、東京本社代表取締役社長・編集主幹を歴任。2011年より現職

政治家の胸中―肉声でたどる政治史の現場 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:藤原書店
著者名:老川 祥一(著)
発行年月日:2012/09/30
ISBN-10:4894348748
ISBN-13:9784894348745
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:政治含む国防軍事
ページ数:337ページ
縦:20cm
他の藤原書店の書籍を探す

    藤原書店 政治家の胸中―肉声でたどる政治史の現場 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!