日本新聞通史―1861年-2000年 四訂版 [単行本]
    • 日本新聞通史―1861年-2000年 四訂版 [単行本]

    • ¥4,180126ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年10月25日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001114018

日本新聞通史―1861年-2000年 四訂版 [単行本]

価格:¥4,180(税込)
ポイント:126ポイント(3%還元)(¥126相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年10月25日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:新泉社
販売開始日: 2003/05/09
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

日本新聞通史―1861年-2000年 四訂版 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    日本で新聞が誕生した幕末から20世紀末までの140年間にわたり、1年ごとに政治・経済・社会の主要な事件を当時の新聞記事を以て語らしめた、一大新聞クロニカル。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    新聞の誕生
    政党新聞時代
    パーソナル・ジャーナリズム
    近代新聞の成立期
    近代新聞の成熟期
    軍閥の台頭と新聞の抵抗
    新聞統制時代
    第二時大戦後の新聞の復興
    新聞の発展期―戦前からの脱皮
    新聞の転換期
    新聞の役割の変化と課題
    通信社の発達
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    春原 昭彦(ハルハラ アキヒコ)
    1927年、東京に生まれる。1953年、上智大学文学部新聞学科卒業。1955年、慶応義塾大学大学院社会学研究科修士課程修了。1954年、日本新聞協会に入り、調査課長、日本記者クラブ事務局長代理等を歴任。1976年、上智大学文学部教授。現在、上智大学名誉教授

日本新聞通史―1861年-2000年 四訂版 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:新泉社
著者名:春原 昭彦(著)
発行年月日:2003/05/10
ISBN-10:4787703080
ISBN-13:9784787703088
判型:A5
対象:教養
発行形態:単行本
内容:社会
ページ数:409ページ ※391,18P
縦:21cm
他の新泉社の書籍を探す

    新泉社 日本新聞通史―1861年-2000年 四訂版 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!