筑紫政権からヤマト政権へ・豊前石塚山古墳(シリーズ「遺跡を学ぶ」〈022〉) [単行本]
    • 筑紫政権からヤマト政権へ・豊前石塚山古墳(シリーズ「遺跡を学ぶ」〈022〉) [単行本]

    • ¥1,62098ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2019年5月25日土曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001114230

筑紫政権からヤマト政権へ・豊前石塚山古墳(シリーズ「遺跡を学ぶ」〈022〉) [単行本]

価格:¥1,620(税込)
ポイント:98ポイント(6%還元)(¥98相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年5月25日土曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:新泉社
販売開始日:2005/12/15
ご確認事項:返品不可

筑紫政権からヤマト政権へ・豊前石塚山古墳(シリーズ「遺跡を学ぶ」〈022〉) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    北部九州では最大、最古の前方後円墳、豊前石塚山古墳。その被葬者はヤマト政権と密接なかかわりをもち、大陸へのルートを確保する役割を担っていた。筑紫政権下からヤマト政権下へと組み込まれてゆく北部九州の姿を古墳と副葬された三角縁神獣鏡から解き明かす。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 豊前の初期前方後円墳(周防灘を望む地
    畿内文化の特徴をもった古墳)
    第2章 石塚山古墳を掘る(歴史に翻弄された古墳
    竪穴式石槨の発掘 ほか)
    第3章 七面の三角縁神獣鏡(出土鏡の型式と編年
    配布と同笵鏡の分有 ほか)
    第4章 前方後円墳の意味するもの(最古の前方後円墳の特徴
    前方後円墳創出の背景 ほか)
    第5章 筑紫政権からヤマト政権へ(筑紫連合政権の盛衰
    ヤマト政権の台頭 ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    長嶺 正秀(ナガミネ マサヒデ)
    1951年、島根県生まれ。現在、苅田町教育委員会での埋蔵文化財行政(石塚山古墳、松山古墳群、松山城跡、等覚寺修験道遺跡群、岩屋古墳群、近衛ヶ丘遺跡などの調査、報告書刊行)を担当。但し、2002~05年の間は、苅田町合併50周年記念誌の編集・執筆に従事。1975~87年までは、京都平野の主要な遺跡や古墳(竹並遺跡、前田山遺跡、下稗田遺跡、八雷古墳など)の調査と報告書の刊行に従事

筑紫政権からヤマト政権へ・豊前石塚山古墳(シリーズ「遺跡を学ぶ」〈022〉) の商品スペック

商品仕様
出版社名:新泉社
著者名:長嶺 正秀(著)
発行年月日:2005/12/26
ISBN-10:4787706322
ISBN-13:9784787706324
判型:A5
対象:教養
発行形態:単行本
内容:日本歴史
ページ数:93ページ
縦:21cm

    新泉社 筑紫政権からヤマト政権へ・豊前石塚山古墳(シリーズ「遺跡を学ぶ」〈022〉) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!