消費者行動論―マーケティングとブランド構築への応用(有斐閣アルマ) [全集叢書]
    • 消費者行動論―マーケティングとブランド構築への応用(有斐閣アルマ) [全集叢書]

    • ¥2,42073ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年6月6日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001115143

消費者行動論―マーケティングとブランド構築への応用(有斐閣アルマ) [全集叢書]

価格:¥2,420(税込)
ポイント:73ポイント(3%還元)(¥73相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年6月6日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日: 2012/05/12
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

消費者行動論―マーケティングとブランド構築への応用(有斐閣アルマ) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    消費者情報処理アプローチを軸に、様々な段階での消費者の選択に着目しながら多様な消費者行動を整理するための基本理論を解説。さらに、消費者行動論をマーケティング戦略、ブランド戦略に活かすための枠組みも提示する。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 消費者行動分析の基本フレーム(消費者行動とマーケティング
    消費者行動の分析フレーム
    消費者行動研究の系譜)
    第2部 環境要因の変化と消費者行動(消費行動と消費パターンの分析
    消費者行動の変化とその諸相)
    第3部 消費者情報処理の分析フレーム(情報処理のメカニズム
    情報処理の動機づけ
    情報処理の能力)
    第4部 購買意思決定プロセスと情報処理(購買意思決定の分析
    購買前の情報処理
    購買時の情報処理
    購買後の情報処理)
    第5部 消費者行動分析の応用(購買意思決定プロセスとマーケティング
    購買意思決定の特性とマーケティング
    ブランド構築と統合型マーケティング・コミュニケーション)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    青木 幸弘(アオキ ユキヒロ)
    1983年一橋大学大学院商学研究科博士課程単位修得。現在、学習院大学経済学部教授

    新倉 貴士(ニイクラ タカシ)
    1955年慶應義塾大学大学院経営管理研究科博士課程修了。現在、法政大学経営学部教授

    佐々木 壮太郎(ササキ ソウタロウ)
    2003年神戸大学大学院経営学研究科博士後期課程中退。現在、和歌山大学観光学部准教授

    松下 光司(マツシタ コウジ)
    2003年慶應義塾大学大学院経営管理研究科博士課程修了。現在、中央大学ビジネススクール(大学院戦略経営研究科)教授

消費者行動論―マーケティングとブランド構築への応用(有斐閣アルマ) の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:青木 幸弘(著)/新倉 貴士(著)/佐々木 壮太郎(著)/松下 光司(著)
発行年月日:2012/05/10
ISBN-10:4641124639
ISBN-13:9784641124639
判型:B6
対象:教養
発行形態:全集叢書
内容:経営
ページ数:378ページ
縦:19cm
他の有斐閣の書籍を探す

    有斐閣 消費者行動論―マーケティングとブランド構築への応用(有斐閣アルマ) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!