ミック・ジャガーは60歳で何を歌ったか(幻冬舎新書) [新書]
    • ミック・ジャガーは60歳で何を歌ったか(幻冬舎新書) [新書]

    • ¥81425ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年6月27日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001116412

ミック・ジャガーは60歳で何を歌ったか(幻冬舎新書) [新書]

価格:¥814(税込)
ポイント:25ポイント(3%還元)(¥25相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年6月27日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:幻冬舎
販売開始日: 2009/03/28
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ミック・ジャガーは60歳で何を歌ったか(幻冬舎新書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ロックが生まれて約半世紀。今、ロックは予想していなかった前人未到の場所にいる。世界最高のロックンロール・バンド、ストーンズは2006年、新作のワールドツアーを敢行した。ボブ・ディランは1988年から続く終わらないツアー中だ。ポール・マッカートニーは66歳にして創造力の横溢する驚異の新作をリリースした―。かつてのようには売れない。決して全盛期を超えることはできない。それでもなお、現役として新しい曲を書き前進を続ける“年老いたロッカー”14人の姿から、見えない未来を生きるための指針が見えてくる。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    「立場が人をつくる」の典型―ミック・ジャガー
    ノスタルジーという罠を解き放つ生命力―ジョン・フォガティ
    吹っ切れた郷愁、明日への希望―エリック・バードン
    現役クリエイターの証左としての迷い―ポール・マッカートニー
    勇気あるラスト・メッセージ―リー・ヘイズルウッド
    終わりなき自叙伝―ロジャー・マッギン
    9・11以降の世界に響く歌声―ディオン
    荒れ狂う海に漂うコルク―ブライアン・ウイルソン
    63歳での開花―リンゴ・スター
    63歳の青春―シルヴィー・ヴァルタン
    40年目の再出発―エルトン・ジョン
    新しいオールディーズ―アル・ジャーディン
    人生の初心者、そして生存者―グレアム・ナッシュ
    近い過去、遠い未来―ボブ・ディラン
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    中山 康樹(ナカヤマ ヤスキ)
    1952年、大阪府生まれ。音楽評論家。元「スイングジャーナル」編集長。多くのミュージシャン、とくにマイルス・デイヴィスとの長年にわたる交流は広く知られる

ミック・ジャガーは60歳で何を歌ったか(幻冬舎新書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:幻冬舎
著者名:中山 康樹(著)
発行年月日:2009/03/30
ISBN-10:4344981189
ISBN-13:9784344981188
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:190ページ
縦:18cm
他の幻冬舎の書籍を探す

    幻冬舎 ミック・ジャガーは60歳で何を歌ったか(幻冬舎新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!