少年の日の覚悟―かつて日本人だった台湾少年たちの回想録(シリーズ日本人の誇り〈5〉) [単行本]
    • 少年の日の覚悟―かつて日本人だった台湾少年たちの回想録(シリーズ日本人の誇り〈5〉) [単行本]

    • ¥1,54047ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年2月25日火曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001116804

少年の日の覚悟―かつて日本人だった台湾少年たちの回想録(シリーズ日本人の誇り〈5〉) [単行本]

価格:¥1,540(税込)
ポイント:47ポイント(3%還元)(¥47相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年2月25日火曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:桜の花出版
販売開始日:2010/12/03
ご確認事項:返品不可

少年の日の覚悟―かつて日本人だった台湾少年たちの回想録(シリーズ日本人の誇り〈5〉) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    国とは、戦争とは、人間とは、そして生きるとは何か。古き良き日本時代の台湾で育ったかつての少年兵が「日本へのご恩返しに」と語った、日本の本当の歴史。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 日本統治時代の語り部として―蕭錦文氏の証言(総督府で日本語ボランティア
    日本は台湾に多大な投資をした ほか)
    第2部 私は今でもサムライです―許江陶氏の証言(私は今でもサムライです
    毎日暗誦した軍人勅諭 ほか)
    第3部 終戦間際の北京は平和だった―李延益氏の証言(終戦間近の北京
    傀儡政権下の北京 ほか)
    第4部 十五歳、命の覚悟―郭鏡川氏の証言(今は無き、日本時代
    日本への恩返し ほか)

少年の日の覚悟―かつて日本人だった台湾少年たちの回想録(シリーズ日本人の誇り〈5〉) の商品スペック

商品仕様
出版社名:桜の花出版
著者名:桜の花出版編集部(編)
発行年月日:2010/12/07
ISBN-10:4434151827
ISBN-13:9784434151828
判型:B6
発売社名:星雲社
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:276ページ
縦:19cm

    桜の花出版 少年の日の覚悟―かつて日本人だった台湾少年たちの回想録(シリーズ日本人の誇り〈5〉) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!