精神科に行こう!―心のカゼは軽ーく治そう(文春文庫PLUS) [文庫]

販売休止中です

    • 精神科に行こう!―心のカゼは軽ーく治そう(文春文庫PLUS) [文庫]

    • ¥60719ポイント(3%還元)
100000009001117907

精神科に行こう!―心のカゼは軽ーく治そう(文春文庫PLUS) [文庫]

価格:¥607(税込)
ポイント:19ポイント(3%還元)(¥19相当)
フォーマット:
日本全国配達料金無料
出版社:文藝春秋
販売開始日:2002/11/08
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 659223位

精神科に行こう!―心のカゼは軽ーく治そう(文春文庫PLUS) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    仕事でのストレスを抱え込み、パニック障害になってしまった著者。いくつかの治療法を渡り歩いた末にたどり着いたのが、精神科。そこは暗い、こわいという世間のイメージとは180度違う所だった。精神科ってどんな事聞かれるの?クスリは大丈夫なの?いくら位かかるの?漫画と文章で、楽しく分かり易く綴る爆笑通院体験記。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 突然の暴風域突入!!(怒り狂う心臓
    まじめな人ほど苦しむ病 ほか)
    2 治療法バトルロイヤル(ラッパ呑み『泥酔療法』
    お祓い療法でコーヒー断ち ほか)
    3 精神科スゲェぞ日記(感情タレナガシとものすごい鬱
    精神科前夜の妄想 ほか)
    4 クスリを巡る人々(『取り返しのつかない行動』とは?―クスリA to Z・1
    便秘あり母乳あり―クスリA to Z・2 ほか)
    5 高い空(春先のローテンション
    自殺事件 ほか)
  • 出版社からのコメント

    精神科ってどんなところ? こわい、危ない、そんな世間のイメージは 間違っている。漫画と文章で分かり易く綴る爆笑通院体験記
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    大原 広軌(オオハラ コウキ)
    1969年東京生まれ。『精神科に行こう!』でデビュー。金融機関勤務後、漫画の編集者となる。仕事のストレスが原因となり、27歳の時突然、パニック・ディスオーダーを発症。催眠療法等、様々な治療法を試みたがうまくいかず精神科に通院し、快方に向かう。その間の経験で「精神科は面白く、そして決して特別な場所ではない」との思いからデビュー作を執筆

    藤臣 柊子(フジオミ シュウコ)
    1962年東京生まれ。82年に別冊フレンドより漫画家としてデビュー。少女漫画家だったが途中ギャグ漫画家へ転向。現在はエッセイストとしても活躍中

精神科に行こう!―心のカゼは軽ーく治そう(文春文庫PLUS) の商品スペック

商品仕様
出版社名:文藝春秋
著者名:大原 広軌(著)/藤臣 柊子(漫画)
発行年月日:2002/11/10
ISBN-10:4167656469
ISBN-13:9784167656461
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:248ページ
縦:16cm

    文藝春秋 精神科に行こう!―心のカゼは軽ーく治そう(文春文庫PLUS) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!