心とことばの起源を探る―文化と認知(シリーズ認知と文化〈4〉) [全集叢書]
    • 心とことばの起源を探る―文化と認知(シリーズ認知と文化〈4〉) [全集叢書]

    • ¥3,740113ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年6月5日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001118600

心とことばの起源を探る―文化と認知(シリーズ認知と文化〈4〉) [全集叢書]

価格:¥3,740(税込)
ポイント:113ポイント(3%還元)(¥113相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年6月5日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:勁草書房
販売開始日: 2006/02/15
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

心とことばの起源を探る―文化と認知(シリーズ認知と文化〈4〉) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    本書で著者が焦点を当てるのはヒトの認知の中でも種に特有な側面に限る。広い視野で見れば、ヒトの認知が伝統的な認知心理学の教科書の章立てのような要素、すなわち知覚、記憶、注意、カテゴリー化などから成り立っていることは確かである。だがこれらはみな、ヒトと他の霊長類に共通する認知プロセスである。ここでの私の説明は、これらを前提とした上で、そのような基本的スキルが、ヒトの認知という霊長類の認知の中でも特別なものに変貌していった進化論的、歴史的、個体発生的プロセスに、ヴィゴツキー的なやり方で焦点をあてていく。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 謎と仮説
    第2章 生物学的遺伝・文化的継承
    第3章 共同注意と文化学習
    第4章 言語的コミュニケーションと記号的表示
    第5章 言語の構文と出来事の認知
    第6章 談話と表示上の再記述
    第7章 文化的認知
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    トマセロ,マイケル(Tomasello,Michael)
    1950年生まれ。1980年、ジョージア大学にて博士号を取得(心理学)。マックス・プランク進化人類学研究所共同所長

心とことばの起源を探る―文化と認知(シリーズ認知と文化〈4〉) の商品スペック

商品仕様
出版社名:勁草書房
著者名:マイケル トマセロ(著)/大堀 壽夫(訳)/中澤 恒子(訳)/西村 義樹(訳)/本多 啓(訳)
発行年月日:2006/02/20
ISBN-10:4326199407
ISBN-13:9784326199402
判型:B6
対象:専門
発行形態:全集叢書
内容:心理学
ページ数:344ページ ※306,38P
縦:20cm
その他: 原書名: THE CULTURAL ORIGINS OF HUMAN COGNITION〈Tomasello,Michael〉
他の勁草書房の書籍を探す

    勁草書房 心とことばの起源を探る―文化と認知(シリーズ認知と文化〈4〉) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!