キリスト教と音楽―ヨーロッパ音楽の源流をたずねて [単行本]
    • キリスト教と音楽―ヨーロッパ音楽の源流をたずねて [単行本]

    • ¥3,080185ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年5月22日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001119105

キリスト教と音楽―ヨーロッパ音楽の源流をたずねて [単行本]

価格:¥3,080(税込)
ポイント:185ポイント(6%還元)(¥185相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年5月22日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:音楽之友社
販売開始日: 2007/01/24
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

キリスト教と音楽―ヨーロッパ音楽の源流をたずねて の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    “アヴェ・マリア”を歌うのはカトリックだけ?!教会や聖書についての基礎知識から、意外な裏ばなしまで、やさしく解説。音楽史の見方が変わります。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 キリスト教の礼拝と音楽
    第2章 教会暦のはなし
    第3章 礼拝の式次第について
    第4章 教会とオルガン
    第5章 クリスマスの音楽
    第6章 救世主の受難をめぐって
    第7章 復活祭をめぐって
    第8章 レクイエムについて
    第9章 聖母マリアへの賛美
    第10章 オラトリオの起源と歴史
  • 内容紹介

    キリスト教と音楽との切っても切れない関係を、さまざまなトピックごとに、肩のこらない読み物としてまとめた書。キリスト教や聖書についての基礎知識も解説しているため、教会などに行ったことがなくても、あるいは聖書を読んだことがなくても、やさしく読める。また、カトリック、プロテスタント諸派、ロシア正教までを視野にいれており、宗派によって音楽がどのように変わってくるのかなど、他ではえられない知識もちりばめられている。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    金澤 正剛(カナザワ マサカタ)
    1934年東京生まれ。1966年ハーヴァード大学大学院博士課程修了(音楽学)。同大学イタリア・ルネサンス研究所の研究員、アンティオーク大学およびアールハム大学の客員教授などを勤めたのち、1982年に国際基督教大学教授に就任、同大学宗教音楽センター長を兼ね、2004年より名誉教授。著書『モンテ・カシノ音楽手写本第871号』(イザベル・ポープと共著、英文)で1980年度ASCAP賞を、『古楽のすすめ』(音楽之友社)で第11回(1998年度)ミュージック・ペンクラブ大賞を受賞。現在、日本音楽学会会長。ルネサンス音楽史専攻

キリスト教と音楽―ヨーロッパ音楽の源流をたずねて の商品スペック

商品仕様
出版社名:音楽之友社
著者名:金澤 正剛(著)
発行年月日:2007/01/31
ISBN-10:4276110580
ISBN-13:9784276110588
判型:B6
対象:教養
発行形態:単行本
内容:音楽・舞踏
言語:日本語
ページ数:236ページ ※227,9P
縦:20cm
その他:その他
他の音楽之友社の書籍を探す

    音楽之友社 キリスト教と音楽―ヨーロッパ音楽の源流をたずねて [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!