だがしや楽校が未来を救う―母親たちが実践!子どもも大人も遊んで学べる夢の「楽校」開催記録 [単行本]
    • だがしや楽校が未来を救う―母親たちが実践!子どもも大人も遊んで学べる夢の「楽校」開催記録 [単行本]

    • ¥1,36141ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001120769

だがしや楽校が未来を救う―母親たちが実践!子どもも大人も遊んで学べる夢の「楽校」開催記録 [単行本]

価格:¥1,361(税込)
ポイント:41ポイント(3%還元)(¥41相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:(株)ロゼッタストーン
販売開始日:2006/12/01
ご確認事項:返品不可

だがしや楽校が未来を救う―母親たちが実践!子どもも大人も遊んで学べる夢の「楽校」開催記録 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    『だがしや楽校』とは?―お祭り屋台の形式で、だれもが手軽に「趣味・特技・遊び・学び・作品」などを「みせ」合う集い。「読み・書き・計算」を中心に学ぶ学校に対して、学校ではなかなか学びづらい、けれども、社会ではとても大切なこと、「創意工夫・世代交流・共同体験」を学ぶ。かつて、子どもたちの外遊びの拠点であり、子どもの社会教育の場にもなっていた駄菓子屋にヒントを得て、当時、中学校教諭だった山形県の松田道雄氏(現・東北芸術工科大学こども芸術教育研究センター研究員)が発案。1997年、山形市内の駄菓子屋前の公園で始めた集いが、今では全国各地でそれぞれ創意工夫した形で自発的にひらかれている。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    子育ても商店街活性化も『だがしや楽校』におまかせ!(地域の子育て事情
    『駄菓子屋楽校』との出会い(2005年初夏)
    商店街から発信できる地域活動 ほか)
    新しい地域づくりへのチャレンジ(子どもたちの居場所がない
    第一回だがしや楽校開催(2005年8月27日)
    一つ開くたびに輪が広がっていく ほか)
    『だがしや楽校』の歌にこめたもの(CD発売までの日々
    路上ライブとコンサート
    『だがしや楽校』のいろんな形 ほか)
    あとがきにかえて
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    竹本 美惠(タケモト ミエ)
    1967年大阪府吹田市生まれ。高校卒業後、様々な仕事につくが、いろんな人間に出会える面白い仕事、ウェイトレスに魅力を感じ、20年近くこの仕事をしている。現在、豊中市中桜塚の商店街内で、主人と小さな飲食店を経営、10年目を迎える。小学校1年生の息子が一人。子どもが中心の生活を送っている

    田中 靖子(タナカ ヤスコ)
    1956年大阪府豊中市生まれ。大学卒業後、銀行へ就職。退職・結婚後、夫の転勤に伴うシカゴ2年、ロンドン5年の海外生活をはさみ3人の息子の子育てに専念。94年帰国後、PTA・お母さんたちの勉強会の開催・主任児童委員と子育て中心の地域活動を続け、03年より横浜市立川上小学校はまっ子ふれあいスクールチーフパートナーとして勤務

    丹波 恵子(タンバ ケイコ)
    1958年山形県南陽市生まれ。短大卒業後、山形県庁の臨時職員、県議会図書室、観光協会などに勤務。26歳で結婚、退職、3児を出産。83年に『ヤマハポプコン』山形大会で優勝するなど、シンガーソングライターとしても期待されていたが、結婚とともに音楽活動も休止。40歳の時、15年ぶりに歌手活動を再開した

だがしや楽校が未来を救う―母親たちが実践!子どもも大人も遊んで学べる夢の「楽校」開催記録 の商品スペック

商品仕様
出版社名:ロゼッタストーン
著者名:竹本 美惠(著)/田中 靖子(著)/丹波 恵子(著)
発行年月日:2006/11/18
ISBN-10:4947767073
ISBN-13:9784947767073
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:教育
ページ数:196ページ
縦:21cm

    (株)ロゼッタストーン だがしや楽校が未来を救う―母親たちが実践!子どもも大人も遊んで学べる夢の「楽校」開催記録 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!