システムズモデリング言語SysML [単行本]
    • システムズモデリング言語SysML [単行本]

    • ¥7,260218ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001126165

システムズモデリング言語SysML [単行本]

価格:¥7,260(税込)
ポイント:218ポイント(3%還元)(¥218相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:東京電機大学出版局
販売開始日: 2012/05/11
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

システムズモデリング言語SysML [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    SysMLを開発したコアメンバーによる定本の待望の翻訳。実例をもとにSysMLの使い方やノウハウを紹介。組込みシステム開発成功の秘訣。
  • 目次

    第Ⅰ部 序論
     第1章 システムズエンジニアリングの概要
      1.1 システムズエンジニアリングが必要な理由
      1.2 システムズエンジニアリングプロセス
      1.3 システムズエンジニアリングプロセスの典型的な応用
      1.4 複数の専門分野からなるシステムズエンジニアリングチーム
      1.5 標準規格を通じたシステムズエンジニアリング実施の体系化
      1.6 まとめ
      1.7 演習問題
     第2章 モデルベースシステムズエンジニアリング
      2.1 文書ベースアプローチとモデルベースアプローチの比較
      2.2 モデリング原理
      2.3 まとめ
      2.4 演習問題
     第3章 SysML言語概要
      3.1 SysMLの目的と重要な特徴
      3.2 SysMLダイアグラム
      3.3 MBSEをサポートするSysMLの利用
      3.4 自動車設計にSysMLを用いた簡単な例
      3.5 まとめ
      3.6 演習問題
    第Ⅱ部 SysML言語の解説
     第4章 SysML言語アーキテクチャ
      4.1 OMG SysMLの言語仕様
      4.2 SysML言語のアーキテクチャ
      4.3 SysMLダイアグラム
      4.4 ケーススタディ「監視システム」
      4.5 第Ⅱ部の構成
      4.6 演習問題
     第5章 パッケージによるモデルの編成
      5.1 概要
      5.2 パッケージ図
      5.3 パッケージ図を用いたパッケージの定義
      5.4 パッケージ階層の編成
      5.5 パッケージ図へのパッケージ化可能要素の表示
      5.6 名前空間としてのパッケージ
      5.7 モデル要素のパッケージへのインポート
      5.8 パッケージ要素間の依存の表示
      5.9 ビューとビューポイントの規定
      5.10 まとめ
      5.11 演習問題
     第6章 ブロックによる構造のモデル化
      6.1 概要
      6.2 ブロック定義図によるブロックのモデル化
      6.3 プロパティによるブロックの構造と性質のモデル化
      6.4 ポートとフローを用いたインタフェースのモデル化
      6.5 ブロックの振る舞いとモデル化
      6.6 汎化を用いた分類階層のモデル化
      6.7 まとめ
      6.8 演習問題
     第7章 パラメトリックを用いた制約のモデル化
      7.1 概要
      7.2 システム制約の表現
      7.3 再利用を可能とするための制約ブロックの制約のカプセル化
      7.4 合成を用いた複雑な制約ブロックの作成
      7.5 パラメトリック図による制約ブロックのパラメータ拘束
      7.6 ブロックの値プロパティの制約
      7.7 ブロック構成値の取得
      7.8 時間に基づく分析のための時間依存プロパティ制約
      7.9 制約ブロックを用いたアイテムフローの制約
      7.10 分析コンテキストの表現
      7.11 候補の評価とトレードオフ検討のモデル化
      7.12 まとめ
      7.13 演習問題
     第8章 アクティビティを用いたフローベースの振る舞いのモデリング
      8.1 概要
      8.2 アクティビティ図
      8.3 アクション-アクティビティの基礎
      8.4 アクティビティのモデリングの基礎
      8.5 オブジェクトフローによるアクション間のアイテムフローの記述
      8.6 制御フローを用いたアクションの実行順序の記述
      8.7 シグナルや他のイベントの処理
      8.8 アクティビティの高度なモデリング
      8.9 アクティビティとブロックおよび振る舞いなどとの関係付け
      8.10 ブロック定義図によるアクティビティ階層のモデリング
      8.11 拡張機能フローブロック図
      8.12 アクティビティの実行
      8.13 まとめ
      8.14 演習問題
     第9章 相互作用を用いたメッセージベースの振る舞いのモデル化
      9.1 概要
      9.2 シーケンス図
      9.3 相互作用としてのコンテキスト
      9.4 生存線による相互作用参加者の表現
      9.5 生存線間のメッセージ交換
      9.6 シーケンス図における時間の表示
      9.7 結合フラグメントを用いた複雑なシナリオの表現
      9.8 相互作用参照を用いた複雑な相互作用の構築
      9.9 内部の振る舞い表現のための生存線の分解
      9.10 まとめ
      9.11 演習問題
     第10章 状態機械によるイベントベースの振る舞いのモデル化
      10.1 概要
      10.2 状態機械図
      10.3 状態機械における状態の規定
      10.4 状態間の遷移
      10.5 状態機械とオペレーション呼び出し
      10.6 状態階層
      10.7 離散的状態と連続的状態の対比
      10.8 まとめ
      10.9 演習問題
     第11章 ユースケースを用いた機能化のモデル化
      11.1 概要
      11.2 ユースケース図
      11.3 アクターを用いたシステムのユーザー表現
      11.4 ユースケースを用いたシステム機能の記述
      11.5 振る舞いを用いたユースケースの精密化
      11.6 まとめ
      11.7 演習問題
     第12章 テキストベースの要求のモデリングと,それらの設計との関係
      12.1 概要
      12.2 要求図
      12.3 モデル上でのテキスト形式による表現
      12.4 要求関係の種類
      12.5 SysMLダイアグラムにおける横断関係の表現
      12.6 要求関係の根拠の表現
      12.7 表形式による要求と要求関係の表現
      12.8 パッケージによる要求階層のモデリング
      12.9 要求包含階層のモデル化
      12.10 要求導出のモデリング
      12.11 要求が充足されることの表明
      12.12 要求が充足されることの検証
      12.13 詳細化関係による要求の曖昧性の軽減
      12.14 汎用目的のトレース関係の使用
      12.15 まとめ
      12.16 演習問題
     第13章 割り当てを用いた横断関係のモデル化
      13.1 概要
      13.2 割り当て関係
      13.3 割り当ての表記法
      13.4 割り当ての種類
      13.5 再利用の計画:割り当てによる定義と用法の規定
      13.6 機能割り当てによる振る舞いの構造への割り当て
      13.7 機能フロー割り当てを用いた機能フローと構造フローの結合
      13.8 独立した構造階層間の割り当てのモデル化
      13.9 割り当て構造フローのモデル化
      13.10 ユーザーモデルの割り当ての評価
      13.11 割り当ての次の段階
      13.12 まとめ
      13.13 演習問題
     第14章 特定のドメインに対するSysMLのカスタマイズ
      14.1 概要
      14.2 再利用可能な構成要素を提供するモデルライブラリの定義
      14.3 既存のSysMLの概念を拡張するためのステレオタイプ
      14.4 プロファイルによるSysMLの拡張
      14.5 ステレオタイプを用いるためのユーザーモデルへのプロファイルの適用
      14.6 モデル構築時におけるステレオタイプの適用
      14.7 まとめ
      14.8 演習問題
    第Ⅲ部 モデリング例
     第15章 機能分析を用いた蒸留器のモデリング例
      15.1 問題の記述
      15.2 MBSEアプローチの定義
      15.3 モデルの編成
      15.4 要求の確立
      15.5 振る舞いのモデル化
      15.6 構造のモデル化
      15.7 性能解析
      15.8 初期設計の変更
      15.9 まとめ
      15.10 演習問題
     第16章 OOSEMによる住宅セキュリティシステムのモデリング
      16.1 OOSEMの概要
      16.2 住宅セキュリティシステムの概要とプロジェクトの設定
      16.3 OOSEMによるシステムの仕様決定と設計
      16.4 まとめ
      16.5 演習問題
    第Ⅳ部 モデルベースシステムズエンジニアリングへの移行
     第17章 システム開発環境へのSysMLの統合
      17.1 システム開発環境におけるシステムモデルの役割について
      17.2 システムズモデリングツールと他のツールの統合
      17.3 統合システム開発環境におけるデータ交換のメカニズム
      17.4 システムズモデリングツールの選択
      17.5 まとめ
      17.6 演習問題
     第18章 組織へのSysMLの導入
      18.1 改善プロセス
      18.2 まとめ
      18.3 演習問題
     付録A SysMLリファレンスガイド
      A.1 概要
      A.2 表記の規約
      A.3 パッケージ図
      A.4 ブロック定義図
      A.5 内部ブロック図
      A.6 パラメトリック図
      A.7 アクティビティ図
      A.8 シーケンス図
      A.9 状態機械図
      A.10 ユースケース図
      A.11 要求図
      A.12 割り当て
      A.13 ステレオタイプ
     参考文献
     索引
  • 内容紹介

    世界的規模で効率的に製品の開発・製作を行う際に欠かすことのできないシステムズモデリング言語SysMLの解説書。言語の使い方やノウハウについて、豊富な実例をもとに分かりやすく解説。SysMLを開発したコアメンバーが執筆した書籍の翻訳本。UMLをさらに発展させたSysMLの修得ができる。

システムズモデリング言語SysML [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:東京電機大学出版局
著者名:サンフォード フリーデンタール(著)/アラン ムーア(著)/リック スタイナー(著)/西村 秀和(監訳)/白坂 成功(共訳)/成川 輝真(共訳)/長谷川 堯一(共訳)/中島 裕生(共訳)/翁 志強(共訳)
発行年月日:2012/05/10
ISBN-10:4501550805
ISBN-13:9784501550806
判型:B5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:情報科学
言語:日本語
ページ数:582ページ
縦:24cm
横:19cm
その他: 原書名: A Practical Guide to SysML―The Systems Modeling Language〈Friedenthal,Sanford;Moore,Alan;Steiner,Rick〉
他の東京電機大学出版局の書籍を探す

    東京電機大学出版局 システムズモデリング言語SysML [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!