武満徹全集 第3巻 「映画音楽(1)」<3>(音楽)
    • 武満徹全集 第3巻 「映画音楽(1)」<3>(音楽)

    • ¥26,400792ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年5月7日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001140141

武満徹全集 第3巻 「映画音楽(1)」<3>(音楽)

価格:¥26,400(税込)
ポイント:792ポイント(3%還元)(¥792相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年5月7日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2003/03/28
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

武満徹全集 第3巻 「映画音楽(1)」<3>(音楽) の 商品概要

  • 内容紹介

    武満作品の宝庫、幻の初期映画音楽551曲を収録。オリジナルテープ大量発掘

    『武満徹全集』第3巻の「映画音楽(1)」には、1956年の日活作品「狂った果実」から、1969年の「弾痕」まで55作品が収録されます。本全集編集部では、これらのいわば幻の初期作品をオリジナル音楽テープや、サウンド・トラックにまでさかのぼり、探索致しました。その結果、幻の30作品を初CD化し発表します。武満の残した美しい旋律、ジャズからポップス、そして荒木一郎の歌う流行歌までが甦ります。羽仁進の「不良少年」、勅使河原宏の「砂の女」、篠田正浩の「心中天網島」、小林正樹の「切腹」「怪談」など、日本映画の黄金時代を築いた名作の数々。それらのいずれもが武満徹による音楽だったことに改めて驚かされるはずです。武満の音楽の神髄は、この映画音楽にあるといっても過言ではありません。

    図書館選書
    武満徹は映画音楽にすぐれた作品を残した。1960年までの初期作品55曲を収録。武満の残した美しい旋律、ジャズからポップスまで知られざる武満作品が甦える。オリジナルテープ、サウンドトラックなど大量発掘。

武満徹全集 第3巻 「映画音楽(1)」<3>(音楽) の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:小学館出版局武満徹全集編集室(編)
発行年月日:2003/03
ISBN-10:4096131032
ISBN-13:9784096131039
判型:B5
対象:一般
内容:音楽・舞踏
言語:日本語
ページ数:349ページ
縦:26cm
その他:映画音楽 1
他の小学館の書籍を探す

    小学館 武満徹全集 第3巻 「映画音楽(1)」<3>(音楽) に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!