朝鮮儒学史 [単行本]
    • 朝鮮儒学史 [単行本]

    • ¥7,700231ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001142600

朝鮮儒学史 [単行本]

価格:¥7,700(税込)
ポイント:231ポイント(3%還元)(¥231相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:知泉書館
販売開始日:2007/01/19
ご確認事項:返品不可

朝鮮儒学史 [単行本] の 商品概要

  • 目次

    第一章 程朱性理学の概観
     1 理気の概念
     2 性情の問題
     3 程朱の認識理論
     4 程朱の修養論

    第二章 朝鮮性理学の本質
     1 朝鮮性理学の主要問題
     2 性理学の伝来と台頭
     3 太極論と気論

    第三章 主理と主気の問題
     1 李退渓の主理的傾向〈李退渓と奇高峰の論弁〉
     2 李栗谷の主気的傾向〈李栗谷と成牛渓の論弁〉

    第四章 主理派と主気派の対立
     1 李退渓の理気観
     2 李栗谷の理気観
     3 退栗以後の主理派・主気派および折衷派

    第五章 四端七情論と人心道心説
     1 主理派の四端七情論と人心道心説
     2 主気派の四端七情論と人心道心説
     3 折衷派などの四端七情論と人心道心説

    第六章 湖洛論争
     1 湖洛論争の起源
     2 湖洛論争の主要課題とその展開
     3 湖洛論争の発展
     4 湖洛論争の総結論

    第七章 唯気論と唯理論および理気折衷論
     1 任鹿門の唯気論[気一分殊説]
     2 奇蘆沙の唯理論[理一分殊説]
     3 理気折衷論
  • 内容紹介

    本書は朝鮮儒学史に関し,わが国で初めて紹介される本格的な概説書である。
    高麗末期に伝来した程朱の性理学は,朝鮮王朝期に入り,主理派と主気派を中心に朝鮮独自の多様な展開を見た。著者はこれら歴史的な二つの流れに特に注目して,朝鮮儒学の哲学的な側面である性理学の本質を解明するために,気迫に満ちた鋭利な思想分析を展開する。
    朝鮮王朝期に沸騰した理気心性論の理論的な考察のために,主に四端七情論と人心道心説,人物性同異論について精緻な分析を試みることにより,朝鮮儒教思想の核心に迫った定評の書である。
    近くて遠い国と言われてきた朝鮮。わが国の朝鮮思想研究にあって,朝鮮儒学の内容や精神自体と直に対決しその微妙な差異を見極め,朝鮮思想の深層を剔るような専門書は皆無である。本書を通して朝鮮の社会と文化を支えてきた基盤は何か?多くの学問的啓発と示唆に富んだ一書となろう。

朝鮮儒学史 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:知泉書館
著者名:裴 宗鎬(著)/安 大玉(訳)
発行年月日:2007/01
ISBN-10:4862850014
ISBN-13:9784862850010
判型:B5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:哲学
言語:日本語
ページ数:365ページ
縦:23cm

    知泉書館 朝鮮儒学史 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!