最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学〈2〉 [単行本]

販売休止中です

    • 最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学〈2〉 [単行本]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
100000009001147766

最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学〈2〉 [単行本]

価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
日本全国配達料金無料
出版社:幻冬舎
販売開始日: 2007/06/28
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学〈2〉 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    病気のサインを見落とすと、あなたは…。病気の症状や予防法を漫画やイラストで分かりやすく解説。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 症状軽視の代償(本当は怖い発疹―しっかり者の落とし穴;本当は怖い飛蚊症―軽視の代償;本当は怖い便秘―恥ずかしさが招いた悲劇;本当は怖い不眠―眠れない男;本当は怖い微熱―誤謬;本当は怖い子供の発熱―手馴れた誤認;本当は怖い鼻づまり―無邪気な堕天使)
    第2章 痛みが引き起こす恐怖(本当は怖い胃痛―悪魔の落とし穴;本当は怖い頭痛―覚醒する悪魔;本当は怖い下腹部の痛み―深紅のハッキング;本当は怖い肩こり―わかってくれない地獄の苦しみ;本当は怖い口内炎―忍び寄る悪魔;本当は怖い腰痛―張りつめた糸)
    第3章 日常生活の中で忍び寄る影(本当は怖いホクロ―黒い悪魔;本当は怖いげっぷ―死の逆流;本当は怖い手荒れ―赤い刻印;本当は怖いシミ―いま、そこにある恐怖;本当は怖い早食い―蝕まれたスクリーン;本当は怖いいびき―招かざる夜の悪魔;本当は怖いドライアイ―飢えた瞳)

最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学〈2〉 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:幻冬舎
著者名:番組制作スタッフ(編)/筆吉 純一郎(漫画)
発行年月日:2007/06/25
ISBN-10:4344013476
ISBN-13:9784344013476
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:240ページ
縦:19cm
他の幻冬舎の書籍を探す

    幻冬舎 最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学〈2〉 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!