労働―働くことの自由と制度(自由への問い〈6〉) [全集叢書]
    • 労働―働くことの自由と制度(自由への問い〈6〉) [全集叢書]

    • ¥2,20066ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001149824

労働―働くことの自由と制度(自由への問い〈6〉) [全集叢書]

価格:¥2,200(税込)
ポイント:66ポイント(3%還元)(¥66相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:岩波書店
販売開始日:2010/04/30
ご確認事項:返品不可

労働―働くことの自由と制度(自由への問い〈6〉) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    労働と自由は、それぞれ近代以降の社会を支える最も基幹的なしくみだが、二つをどう接続するかは曖昧にされてきた。正社員体制が解体するなど労働の二極化が進む現代の日本では、私たちの生活に大きく影響する、労働と自由のつなぎ方、絡まり方はいっそう見通しにくいものになっている。そんななか、働くことと自由をめぐる現状とは別の姿を想像することが必要になってきたのではないか。制度と現場、理念と歴史の各層から考察する。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    対論 働くことの自由と制度
    1 考察 「働くこと」の二極化と自由(現代の“労働・仕事・活動”―ハンナ・アレントの余白から
    戦後日本における「会社からの自由」の両義性―「自由放任主義」「新自由主義」との相違を中心に
    「正社員」体制の制度論)
    2 問題状況 観念と制度の歴史的形成(仕事と価値と運動と―一八二〇年代におけるもうひとつの抽象的労働
    労働における自由とジェンダー―性秩序の新しい構想のために
    就職空間の成立)
    3 構想 現代的な「働くこと」の現場から(コンビニエンス・ストアの自律と管理
    ケア労働の組織―今後のあり方を考える
    学校に行かない子ども・働かない若者には「社会性」がないのか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    佐藤 俊樹(サトウ トシキ)
    1963年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科教授。比較社会学、日本社会論

労働―働くことの自由と制度(自由への問い〈6〉) の商品スペック

商品仕様
出版社名:岩波書店
著者名:佐藤 俊樹(編)
発行年月日:2010/04/27
ISBN-10:4000283561
ISBN-13:9784000283564
判型:B6
対象:一般
発行形態:全集叢書
内容:社会
ページ数:238ページ
縦:19cm

    岩波書店 労働―働くことの自由と制度(自由への問い〈6〉) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!