世界美術への道―岡本太郎の宇宙〈5〉(ちくま学芸文庫) [文庫]

販売休止中です

    • 世界美術への道―岡本太郎の宇宙〈5〉(ちくま学芸文庫) [文庫]

    • ¥1,76053ポイント(3%還元)
100000009001156288

世界美術への道―岡本太郎の宇宙〈5〉(ちくま学芸文庫) [文庫]

価格:¥1,760(税込)
ポイント:53ポイント(3%還元)(¥53相当)
日本全国配達料金無料
出版社:筑摩書房
販売開始日:2011/06/10
ご確認事項:返品不可

世界美術への道―岡本太郎の宇宙〈5〉(ちくま学芸文庫) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    西欧的価値観を突き抜け、日本の伝統を踏み越えて、岡本太郎のまなざしはさらに拡がり、深まっていく。古代からの遺産に生命の絶対感を見、現代人の心の深奥にこの初源的な感動を求める。中国・殷周の青銅器、日本の縄文、ヨーロッパのケルト、ユーラシアの騎馬遊牧民文化、中南米のプレ・コロンビア文化。美の範疇に入れられてこなかった、時代も地域も違うものから、相互に共鳴する、時空を超えた新しい美の世界が浮かび上がる。本巻は『美の呪力』、泉靖一氏との対談『日本列島文化論』を収録、彼の世界美術史構想を鮮やかに展開した「宇宙を翔ぶ「眼」」が掉尾を飾る。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    すさまじい美学について
    美の呪力
    日本列島文化論―日本人は爆発しなければならない(対話)
    遙かなりユーラシア草原
    中南米に見る生命の深淵
    宇宙を翔ぶ「眼」
    岡本太郎年譜
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    岡本 太郎(オカモト タロウ)
    1911‐96年。父は漫画家・岡本一平、母は作家・岡本かの子。29年渡仏、地象芸術、シュルレアリスムの運動に参加。パリ大学で民族学、哲学を学び、バタイユらと活動を共にした。40年に帰国、42年中国戦線に出征。46年に復員後、花田清輝らと「夜の会」を結成し、アヴァンギャルド芸術を推進した。『今日の芸術』『日本の伝統』はベストセラーとなった。70年、大阪万博テーマ館のプロデューサーとして「太陽の塔」を制作。以後、テレビをはじめとするあらゆるメディアを通じて発言と行動をつづけた

世界美術への道―岡本太郎の宇宙〈5〉(ちくま学芸文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:筑摩書房
著者名:岡本 太郎(著)/山下 裕二(編)/椹木 野衣(編)/平野 暁臣(編)
発行年月日:2011/06/10
ISBN-10:4480093753
ISBN-13:9784480093752
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:芸術総記
ページ数:543ページ
縦:15cm

    筑摩書房 世界美術への道―岡本太郎の宇宙〈5〉(ちくま学芸文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!