ふたりのはなし(おかあさんとみる性の本) [絵本]
    • ふたりのはなし(おかあさんとみる性の本) [絵本]

    • ¥1,54093ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年5月27日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
ふたりのはなし(おかあさんとみる性の本) [絵本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009001157212

ふたりのはなし(おかあさんとみる性の本) [絵本]

価格:¥1,540(税込)
ポイント:93ポイント(6%還元)(¥93相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年5月27日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:童心社
販売開始日: 1992/10/20
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ふたりのはなし(おかあさんとみる性の本) [絵本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    むかし神様がつくった人間は、男と女が背中あわせでくっついていました。女の人と男の人が、どうして一緒に暮らすのかを夢とロマンをこめて語ります。
  • 内容紹介

    むかし神様がはじめてつくった人間は、女と男が背中あわせでくっついた姿をしていて、アンドロギュノスと呼ばれていました。

    4本の足でドタバタ走り回り、4本の手でいたずらし、二つの口でうるさくしゃべるアンドロギュノスを神様は注意しますが、ちっとも静かになりません。怒った神様は、アンドロギュノスを背中で切り離して、それぞれひとりぼっちの女と男に変えてしまいます。

    女と男は、それぞれかつて自分と一緒だった人に会いたいと、相手をさがすようになりますが……。

    古代ギリシャの哲学者プラトンが描いた『饗宴』を原典に、女の人と男の人がどうして一緒に暮らすようになったのか、どうしてお互いを大切に思うのか、愛とロマンをこめた寓話として描いた絵本。

    同じシリーズの、出産・性交などの科学的な知識とともに、受け継いだ自分の命のかけがえのなさを描いた『ぼくのはなし』、プライベートゾーンや自分の体と心を守ることの大切さを描いた『わたしのはなし』もぜひあわせてお読み下さい。
  • 著者について

    山本 直英 (ヤマモト ナオヒデ)
    山本直英(やまもとなおひで):1932年東京都生まれ。吉祥女子中学・高等学校副校長を経て、‘人間と性“研究所 所長として、性教育の研究、普及活動に活躍した。おもな著書に『子育ての中の性教育』『性教育ノススメ』(以上大月書店)『おんなのこってなあに? おとこのこってなあに?』(福音館書店・翻訳)など多数。

    和歌山 静子 (ワカヤマ シズコ)
    和歌山静子(わかやましずこ):1940年京都府生まれ。日本児童出版美術家連盟会員。主な絵本に 『ひまわり』『どんどこ どん』(以上福音館書店)『ぼくのはなし』『くつがいく』『くろねこさん しろねこさん』(以上童心社)、さし絵に「王さまシリーズ」(理論社)、紙芝居に『こねこのしろちゃん』『みみをすませて』[第52回五山賞]『ころん こっつんこ』[第57回五山賞](以上童心社)などがある。

ふたりのはなし(おかあさんとみる性の本) [絵本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:童心社
著者名:山本 直英(作)/和歌山 静子(絵)
発行年月日:1992/10/20
ISBN-10:4494001538
ISBN-13:9784494001538
判型:規大
対象:児童
発行形態:絵本
内容:社会
言語:日本語
ページ数:32ページ
縦:22cm
横:23cm
他の童心社の書籍を探す

    童心社 ふたりのはなし(おかあさんとみる性の本) [絵本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!