黄昏流星群<13>-六芒星奇譚☆(ろくぼうせいきたん)☆(ビッグ コミックス) [コミック]
    • 黄昏流星群<13>-六芒星奇譚☆(ろくぼうせいきたん)☆(ビッグ コミックス) [コミック]

    • ¥55517ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年10月24日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001159306

黄昏流星群<13>-六芒星奇譚☆(ろくぼうせいきたん)☆(ビッグ コミックス) [コミック]

価格:¥555(税込)
ポイント:17ポイント(3%還元)(¥17相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年10月24日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2001/01/01
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

黄昏流星群<13>-六芒星奇譚☆(ろくぼうせいきたん)☆(ビッグ コミックス) の 商品概要

  • 内容紹介

    ▼第1話~第4話『京都星宿』
    ●登場人物/桧垣光子(35年連れ添った夫と死別した。ひょんなことから京都へ出かけることに)、迫田健介(光子の夫の京都在住時代の部下)
    ●あらすじ/35年連れ添った夫・大造が亡くなる5日前にふと発した「ありがとう、小鴨さん」という言葉。大造の亡き後、妻・光子は、名前に聞き覚えのないその人物がだれなのか、ずっと引っかかっていた。そんなある日、光子は息子に勧められるまま、ひとりで京都へ旅することに…(第1話)。▼第5話~第9話『六芒星奇譚』
    ●登場人物/秋本謙一(オカルト週刊誌の編集長。もうすぐ50歳を迎える。独身)、生田ひとみ(アパレル関係のデザイナー。秋本の近所に引っ越してきた。45歳独身)、喜多川公洋(ミステリー作家。72歳独身)、中村ゆかり(生田ひとみの同僚。年齢不詳で独身)
    ●あらすじ/オカルト週刊誌の編集長をしている秋本謙一は、もうすぐ50歳を迎える独身男性。仕事一筋で中年となってしまった自分に、どこか寂しさを感じている。そんなある日、秋本はミステリー作家の喜多川から、妖女伝説に関する話を聞くことに。その話をうさん臭く思っていた秋本の家の近所に、ある女性が引っ越してくる…(第2話)。

    図書館選書
    老人にだって恋心がある。人生の黄昏時にだって激しく輝く愛がある。弘兼憲史が、そんなコミックの未踏の領域に渾身の力で挑む。

黄昏流星群<13>-六芒星奇譚☆(ろくぼうせいきたん)☆(ビッグ コミックス) の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:弘兼 憲史(著)
発行年月日:2001/01
ISBN-10:4091856438
ISBN-13:9784091856432
判型:B6
発行形態:コミック
内容:コミック・劇画
言語:日本語
ページ数:201ページ
縦:18cm
その他:六芒星奇譚
他の小学館の書籍を探す

    小学館 黄昏流星群<13>-六芒星奇譚☆(ろくぼうせいきたん)☆(ビッグ コミックス) [コミック] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!