インド仏教変移論―なぜ仏教は多様化したのか [単行本]
    • インド仏教変移論―なぜ仏教は多様化したのか [単行本]

    • ¥8,800264ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年10月25日金曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001163227

インド仏教変移論―なぜ仏教は多様化したのか [単行本]

価格:¥8,800(税込)
ポイント:264ポイント(3%還元)(¥264相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年10月25日金曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:大蔵出版
販売開始日:2000/11/01
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 496095位

インド仏教変移論―なぜ仏教は多様化したのか [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    初期阿含仏教から後期密教まで、仏教はなぜこれほどまでに多様化したのか?全く異なる教えを説く教団が、お互いを仏教徒であると認め合えるのはなぜなのか?謎を解く鍵は、アショーカ王の時代に起こったひとつの事件にある。この事件は、大乗仏教の発生という巨大な現象を生みだし、仏教を根幹から変えてしまった。本書では、この事件の実態を追求し、仏教変容の根本原因を解明している。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 研究方法
    第2章 アショーカ王の分裂法勅
    第3章 破僧定義の転換
    第4章 『摩訶僧祇律』の構造
    第5章 和合布薩と2種の破僧
    第6章 仮説の提示
    第7章 Dipavamsa
    第8章 『阿毘達磨大毘婆沙論』と『舎利弗問経』
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    佐々木 閑(ササキ シズカ)
    1956年福井県に生まれる。’79年京都大学工学部卒業。’82年京都大学文学部卒業。’87年京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学。’88年米国カリフォルニア大学バークレー校仏教学科に留学。’90年花園大学専任講師。現在、花園大学助教授、博士(文学、仏教大学)。著書に「出家とはなにか」

インド仏教変移論―なぜ仏教は多様化したのか [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:大蔵出版
著者名:佐々木 閑(著)
発行年月日:2000/11/10
ISBN-10:4804305459
ISBN-13:9784804305455
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:仏教
ページ数:418ページ
縦:22cm

    大蔵出版 インド仏教変移論―なぜ仏教は多様化したのか [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!