臨床家のための精神分析入門―今日の理論と実践 [単行本]

販売休止中です

    • 臨床家のための精神分析入門―今日の理論と実践 [単行本]

    • ¥3,630109ポイント(3%還元)
100000009001164776

臨床家のための精神分析入門―今日の理論と実践 [単行本]

価格:¥3,630(税込)
ポイント:109ポイント(3%還元)(¥109相当)
日本全国配達料金無料
出版社:岩崎学術出版社
販売開始日:2010/10/22
ご確認事項:返品不可

臨床家のための精神分析入門―今日の理論と実践 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    幅広い間口をもつ入門書として意図された本書は、現代の精神分析全体を俯瞰し、各学派の考え方や異同が偏りなく記載され、その理論と実践の核心となる部分を、豊富な事例を使って、理解しやすく、また思考力を大いに刺激されるようなやり方で示している。著者らの手にかかると、難しい理論も、なるほどそういうことだったのかと思えるから不思議である。精神分析や力動的心理療法を学ぶ人にとっての必読書であることは言うまでもないが、広く心の臨床に携わる専門家にとっても役立ち、楽しめる本である。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 理論(導入:歴史と論争
    心のモデル
    内的世界の起源
    防衛のメカニズム
    転移と逆転移
    夢、象徴、想像)
    第2部 実践(アセスメント面接
    治療関係
    臨床上のジレンマ
    精神分析の精神医学への寄与
    精神分析における研究)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ベイトマン,アンソニー(ベイトマン,アンソニー/Bateman,Anthony)
    ロンドンの聖アン病院のコンサルタント・サイコセラピストであり、英国精神分析協会の会員である

    ホームズ,ジェレミー(ホームズ,ジェレミー/Holmes,Jeremy)
    ノース・デヴォンでコンサルタント・サイコセラピスト、精神科医をしている

    館 直彦(タチ ナオヒコ)
    1953年東京に生まれる。1981年大阪大学医学部卒業。1995年東京慈恵会医科大学講師。現職は天理大学大学院臨床人間学研究科教授、個人開業

    増尾 徳行(マスオ ノリユキ)
    1968年神奈川に生まれる。1993年京都大学法学部卒業。2003年関西大学大学院社会学研究科修了。2003年財団法人復光会垂水病院。現職は神戸松蔭こころのケア・センター

臨床家のための精神分析入門―今日の理論と実践 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:岩崎学術出版社
著者名:アンソニー ベイトマン(著)/ジェレミー ホームズ(著)/館 直彦(監訳)/増尾 徳行(訳)
発行年月日:2010/10/22
ISBN-10:4753310108
ISBN-13:9784753310104
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:心理学
ページ数:317ページ
縦:21cm
その他: 原書名: INTRODUCTION TO PSYCHOANALYSIS:Contemporary Theory and Practice〈Bateman,Anthony;Holmes,Jeremy〉

    岩崎学術出版社 臨床家のための精神分析入門―今日の理論と実践 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!