虚構を織る イギリス女性文学―ラドクリフ、オースティン、C・ブロンテ [単行本]
    • 虚構を織る イギリス女性文学―ラドクリフ、オースティン、C・ブロンテ [単行本]

    • ¥4,180126ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001168032

虚構を織る イギリス女性文学―ラドクリフ、オースティン、C・ブロンテ [単行本]

価格:¥4,180(税込)
ポイント:126ポイント(3%還元)(¥126相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:英宝社
販売開始日: 2002/08/10
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

虚構を織る イギリス女性文学―ラドクリフ、オースティン、C・ブロンテ の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「女のゴシック」「パロディ」「ニュー・ゴシック」―ラドクリフ、オースティン、C.ブロンテが、それぞれの文学個性に合わせ、型どりを与えた織物、そのテクストの木肌を味わう。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    女が書く―ジェイン・オースティンとシャーロット・ブロンテ
    『分別と多感』 エリナダッシュウッドの多感―二人の恋人達をめぐって
    分別か多感か ジェイン・オースティンの選択―“磁場”としてのエリナ・ダッシュウッドを中心に
    『ジェイン・エア』―シャーロット・ブロンテの「分別と多感」を読む
    「語りそこない」のレトリック―『ヴィレット』における情報操作を読む
    ゴシック・ロマンスについて
    『イタリア人』・『修道士』 対話のレトリック―女のゴシック・男のゴシック
    『マンスフィールド荘園』・『修道士』 二人の悪女をめぐって―女の風習喜劇・男のゴシック
    『ヴィレット』―「真実の地味な織物」とゴシック
    『ヴィレット』における重層性―「幸福は馬鈴薯ではない」試論
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    惣谷 美智子(ソウヤ ミチコ)
    神戸海星女子学院大学文学部英語英米文学科教授

虚構を織る イギリス女性文学―ラドクリフ、オースティン、C・ブロンテ の商品スペック

商品仕様
出版社名:英宝社
著者名:惣谷 美智子(著)
発行年月日:2002/08/01
ISBN-10:4269720727
ISBN-13:9784269720725
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:外国文学その他
ページ数:349ページ
縦:22cm
他の英宝社の書籍を探す

    英宝社 虚構を織る イギリス女性文学―ラドクリフ、オースティン、C・ブロンテ [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!