どうするどうするあなのなか [絵本]
    • どうするどうするあなのなか [絵本]

    • ¥1,43086ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年5月25日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001171589

どうするどうするあなのなか [絵本]


お子様に読み聞かせたい絵本、お子様が喜ぶ絵本が盛りだくさん【絵本専門ストア】
お子様に読み聞かせたい絵本、お子様が喜ぶ絵本が盛りだくさん!絵本専門ストアはこちら


ゴールドポイントカード・プラスのクレジット決済で「書籍」を購入すると合計10%ポイント還元!書籍の購入はゴールドポイントカード・プラスのクレジット決済がお得です。
通常3%ポイント還元のところ、後日付与されるクレジット決済ポイント(1%)と特典ポイント(6%)で合計10%ポイント還元!詳しくはこちら

価格:¥1,430(税込)
ポイント:86ポイント(6%還元)(¥86相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年5月25日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:福音館書店
販売開始日: 2008/06/20
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

どうするどうするあなのなか [絵本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    深い穴に落ちてしまった敵同士の野ねずみと山猫は、穴から出る方法を考えます。
  • 出版社からのコメント

    3匹の野ねずみのあとを、2匹の腹ぺこ山猫が追いかけてくる。どっしん! 野ねずみも山猫も深い穴に落ちてしまった……。
  • 内容紹介

    3匹の野ねずみのあとを、2匹の腹ぺこ山猫が追いかけてくる。ひゅうううううん、どっしん! 深い穴に落ちた野ねずみと山猫はいくらのぼろうとしてみても足がすべってしまう。「ちょっと待ってよ。ぼくたちを食べたからって、やっぱりあんたたちもここで飢え死にだよ。まず力をあわせて、この深い穴から出る方法を考えようよ」と、野ねずみたちは慌てた。愉快なストーリーで、たっぷり楽しめる絵です。穴の深さが細長い縦の判型で表現されています。

    図書館選書
    深い穴に落ちてしまった敵同士の野ねずみと山猫は、穴から出る方法をいろいろ考えますが、どれもうまくいきません。穴の深さが際立つ縦長の絵で表現された抱腹絶倒の絵本。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    きむら ゆういち(キムラ ユウイチ)
    木村裕一。東京都生まれ。多摩美術大学卒業。造形教育の指導、テレビ幼児番組のアイディアブレーンなどを経て、絵本・童話作家に。『あらしのよるに』(講談社)で講談社出版文化賞絵本賞、産経児童出版文化賞JR賞受賞。脚本を担当した2005年公開の東宝映画「あらしのよるに」では「日本アカデミー賞優秀賞」受賞。著書は500冊を超え、絵本・童話創作に加え、戯曲やコミックの原作、小説など幅広く活躍中。純心女子大学客員教授。東京在住

    高畠 純(タカバタケ ジュン)
    名古屋市生まれ。愛知教育大学卒業。絵本作家、イラストレーター。『だれのじてんしゃ』(フレーベル館)でボローニャ国際児童図書展グラフィック賞、『オー・スッパ』(講談社)で日本絵本賞を受賞。東海学院大学教授。岐阜県在住
  • 著者について

    木村裕一 (キムラユウイチ)
    木村裕一 木村裕一(きむら ゆういち)東京都生まれ。多摩美術大学卒業。造形教育の指導、テレビ幼児番組のアイディアブレーンなどを経て、絵本・童話作家に。『あらしのよるに』(講談社)で講談社出版文化賞絵本賞、産経児童出版文化賞JR賞受賞。2005年公開の東宝映画「あらしのよるに」の脚本では「日本アカデミー賞優秀賞」受賞。著書は500冊を超え、絵本・童話創作に加え、戯曲やコミックの原作・小説など幅広く活躍中。作品に『風切る翼』『ひみつの箱』(以上、講談社)、『あかちゃんのあそびえほんシリーズ(1~11)』『オオカミのごちそう』(以上、偕成社)、『ゆらゆらばしのうえで』(福音館書店)などがあり、数々のロングセラーは国内外の子どもたちに読み継がれている。2005年度より純心女子大学客員教授。2007年9月「きむらゆういちの世界展」(銀座 三越)で開催。東京在住。

    高畠純 (タカバタケジュン)
    高畠純 高畠 純(たかばたけ じゅん)名古屋市生まれ。愛知教育大学卒業。絵本作家、イラストレーター。『だれのじてんしゃ』(フレーベル館)でボローニャ国際児童図書展グラフィック賞、『オー・スッパ』(講談社)で日本絵本賞を受賞。絵本作品に『なんでしょなんでしょ』(アリス館)、『おどります』『だじゃれどうぶつえん』(以上、絵本館)、『もしもし…』(偕成社)、『十二支のことわざえほん』(教育画劇)、『オレ・ダレ』(講談社)、『ながいながいへびのはなし』(小峰書店)、『みなみのしまのサンタクロース』(佼成出版)、『ブターラとクマーラ  ベッタベタ』(フレーベル館)、『ワニぼうのこいのぼり』(文溪堂)、『おとなりさん』(BL出版)など多数。装丁挿絵に『金子みすゞ童謡集 わたしと子鳥とすずと』(JULA出版局)などがある。また、シルクスクリーンの作品がオーストラリアのニュー・サウス・ウェールズ州立美術館などに収蔵されている。東海女子短期大学教授。岐阜県在住。

どうするどうするあなのなか [絵本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:福音館書店
著者名:きむら ゆういち(文)/高畠 純(絵)
発行年月日:2008/06/25
ISBN-10:4834023664
ISBN-13:9784834023664
判型:規大
対象:児童
発行形態:絵本
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:1冊
縦:20cm
横:31cm
厚さ:1cm
重量:410g
他の福音館書店の書籍を探す

    福音館書店 どうするどうするあなのなか [絵本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!