操船通論 八訂版 [単行本]
    • 操船通論 八訂版 [単行本]

    • ¥4,840146ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001176769

操船通論 八訂版 [単行本]

価格:¥4,840(税込)
ポイント:146ポイント(3%還元)(¥146相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:成山堂書店
販売開始日:2008/06/27
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 649884位

操船通論 八訂版 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    操船は環境に対する判断と、意志決定の連続であり、理論と実験に裏付けされた確かな専門知識が必要となる。本書は、操船者に的確な知識を提供するテキストである。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 操船と操縦性能
    第2章 プロペラの作用と停船性能
    第3章 操船に及ぼす外力の影響
    第4章 入港操船と錨泊法
    第5章 港内操船と施設係留
    第6章 洋上操船
    第7章 特殊水域における操船
    第8章 海難時の操船処置
    付録
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    本田 啓之輔(ホンダ ケイノスケ)
    昭和2年(1927)3月兵庫県に生まれる。昭和23年高等商船学校航海科卒業(清水二期生)後、運輸省海技専門学院(現在の海技大学校)運輸教官となる。昭和28年神戸商船大学創立とともに文部教官(1962~2004海技大学校非常勤講師)。昭和38年神戸商船大学教授(航海学科・操船運用学担当)。昭和49年文部省在外研究(港湾水路・係留システムの調査研究:英米ほか1ヵ年)。昭和58年文部省学術審議会専門委員。昭和59年九州大学工学部造船学科非常勤講師(6ヵ年)。運輸省海上安全船員教育審議会委員、近畿地方船員労働委員会公益委員。平成2年定年退官・神戸商船大学名誉教授、日本航海学会名誉会員。平成8年日本船舶海洋学会終身会員(1981造船学会運動性能研究委員会委員、関西造船学会評議委員など)。平成18年中部空港調査会環境委員会委員。この他、海事関係の委員歴として、岡山県地方港湾審議会委員、神戸港港湾審議会委員、日本港湾協会、近畿建設協会、沿岸開発技術センター、日本海難防止協会ほか西部、神戸、中部の各海難防止協会から、航行安全調査研究、港湾計画、海上空港などに係わる委員会の委員を委嘱され、航行安全対策、港湾計画など海事関係事項を検討。平成19年11月3日叙勲(瑞寶中綬章)

操船通論 八訂版 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:成山堂書店
著者名:本田 啓之輔(著)
発行年月日:2008/06/28
ISBN-10:4425470877
ISBN-13:9784425470877
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:海事
ページ数:293ページ
縦:22cm

    成山堂書店 操船通論 八訂版 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!