審決取消訴訟の実務と理論〈平成24年版〉(現体産業選書―知的財産実務シリーズ) [単行本]
    • 審決取消訴訟の実務と理論〈平成24年版〉(現体産業選書―知的財産実務シリーズ) [単行本]

    • ¥3,08093ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001182173

審決取消訴訟の実務と理論〈平成24年版〉(現体産業選書―知的財産実務シリーズ) [単行本]

価格:¥3,080(税込)
ポイント:93ポイント(3%還元)(¥93相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:経済産業調査会
販売開始日: 2012/10/05
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

審決取消訴訟の実務と理論〈平成24年版〉(現体産業選書―知的財産実務シリーズ) の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 審決取消訴訟(総論
    訴状
    受付
    答弁書
    準備書面 ほか)
    第2部 判決資料(最平成3年3月8日判決(民集45巻3号)(特許出願係る発明の要旨認定)
    最昭和51年3月10日大法廷判決(民集30巻2号)(審理範囲)
    最平成3年4月23日判決(民集45巻4号)(商標登録の不使用取消の取消訴訟)
    最平成4年4月28日判決(民集46巻4号)(取消判決の拘束力)
    最平成20年4月24日判決(特許法第104条の3第2項を適用した事例) ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    村林 隆一(ムラバヤシ リュウイチ)
    弁護士・弁理人(弁護士法人関西法律特許事務所)。1930年11月30日生。1953年関西大学法学部法律学科卒業。1955年弁護士登録(第7期)。1969年弁理士登録。1983年特許庁工業所有権審議会委員。1987年日本弁護士連合会、無体財産権制度委員長。元大阪市立大学法学部講師、元近畿大学法学部講師、元近畿大学生物学科講師、日本工業所有権法学会会員(現職)、吉備国際大学大学院知的財産学研究科教授(現職)

審決取消訴訟の実務と理論〈平成24年版〉(現体産業選書―知的財産実務シリーズ) の商品スペック

商品仕様
出版社名:経済産業調査会
著者名:村林 隆一(著)
発行年月日:2012/10/05
ISBN-10:4806529095
ISBN-13:9784806529095
判型:A5
対象:実用
発行形態:単行本
内容:法律
ページ数:237ページ
縦:21cm
他の経済産業調査会の書籍を探す

    経済産業調査会 審決取消訴訟の実務と理論〈平成24年版〉(現体産業選書―知的財産実務シリーズ) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!