更年期―日本女性が語るローカル・バイオロジー [単行本]

販売休止中です

    • 更年期―日本女性が語るローカル・バイオロジー [単行本]

    • ¥6,160185ポイント(3%還元)
100000009001184410

更年期―日本女性が語るローカル・バイオロジー [単行本]

価格:¥6,160(税込)
ポイント:185ポイント(3%還元)(¥185相当)
日本全国配達料金無料
出版社:みすず書房
販売開始日: 2005/09/20
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

更年期―日本女性が語るローカル・バイオロジー [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    更年期=メノポーズ?両者の違いからバイオロジーの地域性を抽出し、それを作り出している文化的・社会的文脈を、日本女性の語りの集積により浮かび上がらせる。医療人類学研究の真骨頂。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    科学的言説と女性の老化
    第1部 日本―成熟と更年期(人生の変わり目―定まらない定義
    確率からみた更年期
    あきらめ、抵抗、満足―成熟という語り
    現代の病理 ほか)
    第2部 「回避すべき時期」から「欠乏症」へ(メノポーズはどのようにつくられたか
    自然=本性に反して―メノポーズは老いと衰えの前触れ)
    加齢=老化の政治学―不死の閃光
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ロック,マーガレット(ロック,マーガレット/Lock,Margaret)
    英国ケント州生まれ。カナダ在住。マッギル大学医療社会学部・文化人類学部教授。カナダ・ロイヤル・ソサエティ会員。日本と北米をおもなフィールドとして、きわめて質の高い医療人類学的研究を長年精力的に続けている。その功績により2005年、カナダ最高の学術賞であるキラム賞を受賞。『更年期―日本女性が語るローカル・バイオロジー』によってもステイリー賞(J.I.Staley Prize)など複数の賞を受けている

    江口 重幸(エグチ シゲユキ)
    1951年生まれ。1977年、東京大学医学部医学科卒業、現在は東京武蔵野病院(教育研究部長)。精神科医、文化精神医学、医療人類学、力動精神医学史に関心をもつ

    山村 宜子(ヤマムラ ヨシコ)
    翻訳家。1946年生まれ。国際基督教大学卒

    北中 淳子(キタナカ ジュンコ)
    1970年生まれ。シカゴ大学修士、マッギル大学博士課程在籍、慶應義塾大学文学部助手。専門は医療人類学

更年期―日本女性が語るローカル・バイオロジー [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:みすず書房
著者名:マーガレット ロック(著)/江口 重幸(共訳)/山村 宜子(共訳)/北中 淳子(共訳)
発行年月日:2005/09/16
ISBN-10:4622071614
ISBN-13:9784622071617
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:医学・薬学・歯学
ページ数:480ページ ※446,34P
縦:22cm
その他: 原書名: ENCOUNTERS WITH AGING:Mythologies of Menopause in Japan and North America〈Lock,Margaret〉
他のみすず書房の書籍を探す

    みすず書房 更年期―日本女性が語るローカル・バイオロジー [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!