故国喪失についての省察〈2〉 [単行本]

販売休止中です

    • 故国喪失についての省察〈2〉 [単行本]

    • ¥5,720172ポイント(3%還元)
100000009001184418

故国喪失についての省察〈2〉 [単行本]

価格:¥5,720(税込)
ポイント:172ポイント(3%還元)(¥172相当)
日本全国配達料金無料
出版社:みすず書房
販売開始日: 2009/06/27
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

故国喪失についての省察〈2〉 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    『オリエンタリズム』『文化と帝国主義』を補完する論文中心に、映画『ターザン』論、出色の『白鯨』論から論考『敗北とは何か』まで、多岐にわたる16編を収録。ポストコロニアル批評確立の源泉。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    ジッロ・ポンテコルヴォを求めて
    マフフーズ以降
    ジャングルからの声―ジョニー・ワイズミュラーのターザン
    ベリー・ダンサーへの讃歌―タヒア・カリオカ
    『白鯨』を読むために
    知の政治学
    アイデンティティ、権威、自由―支配者と旅行者
    ナショナリズム、人権、解釈
    「移動する理論」再考
    歴史、文学、地理
    世界に抗する―エリック・ホブズボーム
    バッハの天才、シューマンの奇矯性、ショパンの過酷さ、ローゼンの贈り物=才能
    抵抗すること、そして立場を取ること
    沈黙から音へ、そしてふたたたび沈黙へ―音楽・文学・歴史
    敗北とは何か
    定義の衝突―サミュエル・ハンチントン
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    サイード,エドワード・W.(サイード,エドワードW./Said,Edward W.)
    1935年11月1日、イギリス委任統治下のエルサレムに生まれる。カイロのヴィクトリア・カレッジ等で教育を受けたあと合衆国に渡り、プリンストン大学卒業、ハーヴァード大学で学位を取得。コロンビア大学英文学・比較文学教授を長年つとめた。2003年9月歿

    大橋 洋一(オオハシ ヨウイチ)
    1953年名古屋市に生まれる。東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。専攻は英文学。現在、東京大学教授

    近藤 弘幸(コンドウ ヒロユキ)
    1969年奈良市に生まれる。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得満期退学。専攻は英語演劇。現在、東京学芸大学准教授

    和田 唯(ワダ タダシ)
    1970年大阪に生まれる。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学

    大貫 隆史(オオヌキ タカシ)
    1974年茨城県に生まれる。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得満期退学。専攻は戦後英国演劇。現在、釧路公立大学准教授

    貞廣 真紀(サダヒロ マキ)
    1978年東京都に生まれる。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程在学中。ニューヨーク州立大学バッファロー校博士候補生(ABD)。専攻は米文学

故国喪失についての省察〈2〉 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:みすず書房
著者名:エドワード・W. サイード(著)/大橋 洋一(共訳)/近藤 弘幸(共訳)/和田 唯(共訳)/大貫 隆史(共訳)/貞廣 真紀(共訳)
発行年月日:2009/06/25
ISBN-10:4622072041
ISBN-13:9784622072041
判型:A5
対象:教養
発行形態:単行本
内容:哲学
ページ数:432ページ ※415,17P
縦:22cm
その他: 原書名: REFLECTIONS ON EXILE:and Other Essays〈Said,Edward W.〉
他のみすず書房の書籍を探す

    みすず書房 故国喪失についての省察〈2〉 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!