生態系倫理学の構築―生きることの「あるべき」かたち [単行本]
    • 生態系倫理学の構築―生きることの「あるべき」かたち [単行本]

    • ¥2,64080ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001189068

生態系倫理学の構築―生きることの「あるべき」かたち [単行本]

価格:¥2,640(税込)
ポイント:80ポイント(3%還元)(¥80相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:知泉書館
販売開始日:2004/12/03
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 112197位

生態系倫理学の構築―生きることの「あるべき」かたち の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    著者のライフワークともいうべき三部作の最後を飾る本書をもって、生態系存在論の全体系が完結する。初巻『生態系存在論序説』では生命の進化のなかで人類の誕生の意義を植生の管理という役割に見いだすとともに、文明の発生が自然の生態系を破壊する端緒となったことを明らかにする。第2作『生態系存在論の構築』ではアリストテレス以来の存在論の歴史を批判的に分析、生命の視点から独自の存在論を構築した。本書では、真実の「ある」を受け止めた人間にとって、真に善美なものとは何かを根底から問い直す。生態系の善美とは、それぞれ他の種に対し「良い、美しい仕方で関わっている状態」を言う。そのために文明のもつ欺瞞とそれを前提にする道徳の限界を解明し、自己を含めた全体との関係から思慮する知恵とそれにもとづく自由な行動に支えられた、正義・節度・勇気・食と哀れみ・愛などの意味を明らかにする。現代文明と環境問題を原理的・根源的に考察することにより、新たな倫理の地平を切り開き、人類の歩むべき方向を示唆する貴重な作品。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序章 関係性の哲学(生態系存在論の正当性
    関係と善美
    関係と実体)
    第1章 認識と行為(存在論と彼岸世界の認識
    宗教的認識(キリスト教神学から
    仏教)
    永遠と今)
    第2章 美徳(美徳の数え上げ
    自由
    思慮ないし知恵 ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    八木 雄二(ヤギ ユウジ)
    1952年東京生まれ。慶応義塾大学大学院哲学専攻博士課程修了。91年文学博士。専門はドゥンス・スコトゥス(1308年没)の哲学。現在、立教大学などで非常勤講師、東京港グリーンボランティア代表

生態系倫理学の構築―生きることの「あるべき」かたち の商品スペック

商品仕様
出版社名:知泉書館
著者名:八木 雄二(著)
発行年月日:2004/12/15
ISBN-10:4901654446
ISBN-13:9784901654449
判型:B6
対象:教養
発行形態:単行本
内容:哲学
ページ数:228ページ ※221,7P
縦:20cm

    知泉書館 生態系倫理学の構築―生きることの「あるべき」かたち [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!