細胞からみた生物学 改訂第4版 [単行本]
    • 細胞からみた生物学 改訂第4版 [単行本]

    • ¥2,64080ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001192383

細胞からみた生物学 改訂第4版 [単行本]

価格:¥2,640(税込)
ポイント:80ポイント(3%還元)(¥80相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:裳華房
販売開始日: 2002/10/12
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

細胞からみた生物学 改訂第4版 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    現代の生物学は、多方面にわたって進展しており、その内容もしだいにぼう大になりつつある。それで、限られた時間で、生物学のすべてを学ぶことは困難になっている。このことを考慮して、現代の生物学を、分子、細胞、個体の三つのレベルに立って、それぞれの観点でまとめてみようと試みることになった。本書はその一つの細胞を中心とした生物学である。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 生物体の成り立ち(生命の単位;細胞の構造と機能 ほか)
    2 生物の活動とエネルギー(物質代謝とエネルギー代謝;光合成 ほか)
    3 生物体の調節(神経による調節;ホルモンによる調節 ほか)
    4 生物の連続性(性と生殖;発生と分化 ほか)
    5 生物の変遷(生命の起源;進化の道筋 ほか)
  • 出版社からのコメント

    平易な記述と大きな図が特徴の生物学教科書
  • 内容紹介

     現代の生物学は、多方面にわたって進展しており、その内容も次第に膨大になりつつある。そのために、限られた時間内で生物学のすべてを学ぶことは困難な状況にある。本書はこのようなことを考慮して、大学1、2年生を対象に、現代の生物学を細胞のレベルに立って解説した教科書である。
     2002年の改訂では、最近話題となっている生物学上の重要な問題のいくつかを囲み記事で解説した。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    太田 次郎(オオタ ジロウ)
    1925年(大正14年)神奈川県出身、旧制浦和高校、東京大学理学部植物学科卒業、東京大学理学部大学院特別研究生、お茶の水女子大学講師、助教授、教授を経て、お茶の水女子大学名誉教授、1992年から97年までお茶の水女子大学学長、1998年より江戸川大学学長。理博
  • 著者について

    太田 次郎 (オオタ ジロウ)
    お茶の水女子大学名誉教授、理学博士。1925年 神奈川県に生まれる。東京帝国大学理学部卒業。お茶の水女子大学講師・助教授・教授・学長、江戸川大学学長などを歴任。

細胞からみた生物学 改訂第4版 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:裳華房
著者名:太田 次郎(著)
発行年月日:2002/10/10
ISBN-10:4785350490
ISBN-13:9784785350499
旧版ISBN:9784785350352
判型:B5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:生物学
言語:日本語
ページ数:143ページ
縦:26cm
横:18cm
他の裳華房の書籍を探す

    裳華房 細胞からみた生物学 改訂第4版 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!