ヌガラ―19世紀バリの劇場国家 [単行本]

販売休止中です

    • ヌガラ―19世紀バリの劇場国家 [単行本]

    • ¥6,930208ポイント(3%還元)
100000009001193495

ヌガラ―19世紀バリの劇場国家 [単行本]

価格:¥6,930(税込)
ポイント:208ポイント(3%還元)(¥208相当)
日本全国配達料金無料
出版社:みすず書房
販売開始日: 2010/04/09
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

ヌガラ―19世紀バリの劇場国家 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    かつてバリ島には数百もの小王国“ヌガラ”があった。本書は、そこに見られる親族・社会関係、農業・通商組織、政治関係、そして国家儀礼・宗教観念・神聖王制の研究から、非常に刺激的な国家論―劇場国家論―を構築する。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序章 バリと歴史学的方法
    第1章 政治的定義づけ―秩序の源
    第2章 政治の解剖―支配階級の内部組織
    第3章 政治の解剖―村落と国家
    第4章 政治的言述―演出と式典
    結論 バリと政治理論
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ギアツ,クリフォード(ギアツ,クリフォード/Geertz,Clifford)
    1926年米国サンフランシスコ生まれ。アンティオク・カレッジで哲学の学士号(A.B.,Antioch College,1950)、ハーバード大学社会関係学研究科で人類学博士号を取得(Ph.D.,Harvard University,1956)。カリフォルニア大学(バークレー校)助教授、シカゴ大学助教授・準教授・教授を経て、1970年にプリンストン高等研究所の社会科学部門教授となった。1982年よりハロルド・F・リンダー特別教授、2000年より同部門の名誉教授

    小泉 潤二(コイズミ ジュンジ)
    1948年東京生まれ。1973年東京大学教養学部教養学科卒業、1975年東京大学大学院社会学研究科博士課程に進学後、スタンフォード大学に留学、人類学博士号を取得(Ph.D.,Stanford University,1981)。アルバータ大学・愛知県立大学・新潟大学を経て、現在現阪大学理事・副学長、附属図書館長、大学院人間科学研究科教授。プリンストン高等研究所社会科学部門ハンズマン招聘研究員(1996‐97)、グローバルCOEプログラム「コンフリクトの人文学国際研究教育拠点」拠点リーダー(2007‐)、人類学会世界協議会(WCAA)代表幹事・会長(2005‐09)、国際人類民族科学連合(IUAES)事務総長(2009‐)ほか

ヌガラ―19世紀バリの劇場国家 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:みすず書房
著者名:クリフォード ギアツ(著)/小泉 潤二(訳)
発行年月日:2010/04/09
ISBN-10:4622034816
ISBN-13:9784622034810
判型:A5
対象:教養
発行形態:単行本
内容:外国歴史
ページ数:326ページ ※279,47P
縦:22cm
その他: 原書名: NEGARA:The Theatre State in Nineteenth-Century Bali〈Geertz,Clifford〉
他のみすず書房の書籍を探す

    みすず書房 ヌガラ―19世紀バリの劇場国家 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!