ケインズ説得論集 [単行本]

販売休止中です

    • ケインズ説得論集 [単行本]

    • ¥2,09063ポイント(3%還元)
100000009001194758

ケインズ説得論集 [単行本]

価格:¥2,090(税込)
ポイント:63ポイント(3%還元)(¥63相当)
日本全国配達料金無料
出版社:日本経済新聞社
販売開始日: 2010/04/22
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

ケインズ説得論集 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    20世紀最大の経済学者はデフレの本質も見抜いていた。よみがえる第一級の経済時論。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    インフレーションとデフレーション(インフレーション(一九一九年)
    通貨価値の変動が社会に与える影響(一九二三年) ほか)
    金本位制への復帰(呪うべき黄金欲(一九三〇年九月)
    金融政策の目標の選択(一九二三年) ほか)
    自由放任の終わり
    未来(孫の世代の経済的可能性(一九三〇年))
    繁栄への道
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ケインズ,J.M.(ケインズ,J.M./Keynes,John Maynard)
    1883年イギリス生まれ。1905年ケンブリッジ大学卒業。1906年文官試験に合格しインド省勤務。1908年ケンブリッジ大学で貨幣論を研究。1915年大蔵省に勤務。1919年パリ講和会議に参加し、対独賠償要求に反対して辞任し『平和の経済的帰結』発表。1936年『雇用、利子、通貨の一般理論』発表。1944年ブレトンウッズ連合国通貨会議に参加。1945年IMF創設に関わり、IMFおよびIBRD総裁に就任。1946年逝去。経済学者、ジャーナリスト、思想家、投資家、官僚

    山岡 洋一(ヤマオカ ヨウイチ)
    翻訳家。1949年生まれ

ケインズ説得論集 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:日本経済新聞出版社
著者名:J.M. ケインズ(著)/山岡 洋一(訳)
発行年月日:2010/04/20
ISBN-10:4532354110
ISBN-13:9784532354114
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:経済・財政・統計
ページ数:264ページ
縦:20cm
他の日本経済新聞社の書籍を探す

    日本経済新聞社 ケインズ説得論集 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!