MONSTER<13>-脱走(ビッグ コミックス) [コミック]
    • MONSTER<13>-脱走(ビッグ コミックス) [コミック]

    • ¥55517ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001197328

MONSTER<13>-脱走(ビッグ コミックス) [コミック]

価格:¥555(税込)
ポイント:17ポイント(3%還元)(¥17相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2000/02/01
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

MONSTER<13>-脱走(ビッグ コミックス) の 商品概要

  • 内容紹介

    ▼第1話/怪物のラブレター▼第2話/脱獄囚▼第3話/弁護士▼第4話/目撃者▼第5話/決意▼第6話/泥だらけのサンドイッチ▼第7話/ヘレーネとグスタフ▼第8話/脱走▼第9話/402号室
    ●登場人物/天馬賢三(脳神経外科医)、ヨハン・リーベルト(殺人鬼)、ニナ・リーベルト(ヨハンの双子の妹)
    ●あらすじ/ついに逮捕されてしまったテンマ。Dr.ライヒワインは、エヴァと共にテンマに面会に訪れるが、警察からすげなく断られてしまう。一方、ルンゲ警部は赤いバラ屋敷を訪れ、何者かが書いた不気味なラブレターを発見する(第1話)。▼テンマは、警察の厳しい追求にも黙秘を守り続けていた。そんなとき彼は、脱獄の名人、ギュンター・ミルヒから「俺と一緒に逃げないか」と誘われる(第2話)。
    ●その他の登場キャラクター/ヤン・スーク(プラハ署の新米刑事)、エヴァ・ハイネマン(テンマの元婚約者)、ルンゲ警部(ドイツ連邦捜査局警部)、Dr.ライヒワイン(テンマの理解者)、ギュンター・ミルヒ(脱獄の名人)、フリッツ・ヴァーデマン(テンマの弁護士)、ロベルト(テンマがかつて狙撃した男)
    ●この巻の特徴/無実の罪で逮捕されたテンマと、彼をめぐる人々の心の葛藤。

    図書館選書
    人の命を助けるはずのメスが、怪物を産み出すことになろうとは!! 激動のヨーロッパを舞台にした、戦慄のサイコ・サスペンスいよいよ発進。

MONSTER<13>-脱走(ビッグ コミックス) の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:浦沢 直樹(著)
発行年月日:2000/02
ISBN-10:4091852734
ISBN-13:9784091852731
判型:B6
発行形態:コミック
内容:コミック・劇画
言語:日本語
ページ数:212ページ
縦:19cm
その他:脱走
他の小学館の書籍を探す

    小学館 MONSTER<13>-脱走(ビッグ コミックス) [コミック] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!