ポケット詩集〈3〉 [単行本]
    • ポケット詩集〈3〉 [単行本]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009001199010

ポケット詩集〈3〉 [単行本]

  • 5.0
価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:童話屋
販売開始日: 2004/10/18
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ポケット詩集〈3〉 [単行本] の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    水の星(茨木のり子)
    夕づつを見て(佐藤春夫)
    朝を愛す(室生犀星)
    月から見た地球(北原白秋)
    誰か(宗左近)
    単純な朝餐(山村暮鳥)
    遠景(木山捷平)
    風景(山村暮鳥)
    海鳴り(高良留美子)
    嫁こ(斎藤庸一)〔ほか〕
  • 内容紹介

    「ポケット詩集」が出てから3年経って第2巻を出し、それから3年後に編んだ第3巻です。
    3年毎に一冊ずつ刊行というのは偶然ですが、一冊の詞華集の編集にはそのくらいの年月が要るということかもしれません。
    一巻目の編集時には、入りきらない名詩の山に溜息が出ましたが、二巻目のときも、それは同じでした。

    ところが、3巻目の本書の編集作業を終えたとき、もう、これで十分やった、終わった、と思えました。
    新たに加わった詩人は佐藤春夫、室生犀星、北原白秋、永瀬清子、天野忠、中原中也、堀口大学、寺山修二の各氏ほか。

    とくに、江國香織さんの詩「父に」が入ったおかげで、「精神の高さ」の視点からのみ詩を選ぶ作業を強いてきた緊張感がほぐれて、春の風にあたったような安堵感が得られました。

    「子どもたち、ポケットにしのばせるのは、ナイフではなく一冊の詩集であってほしい。」
    ポケット詩集・全3巻がそんな役に立てたら、編者望外の喜びであります。

ポケット詩集〈3〉 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:童話屋
著者名:田中 和雄(編)
発行年月日:2004/10/16
ISBN-10:4887470487
ISBN-13:9784887470484
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学詩歌
言語:日本語
ページ数:157ページ
縦:16cm
他の童話屋の書籍を探す

    童話屋 ポケット詩集〈3〉 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!