ゴミ分別の異常な世界―リサイクル社会の幻想(幻冬舎新書) [新書]
    • ゴミ分別の異常な世界―リサイクル社会の幻想(幻冬舎新書) [新書]

    • ¥85826ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年3月5日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009001205385

ゴミ分別の異常な世界―リサイクル社会の幻想(幻冬舎新書) [新書]

価格:¥858(税込)
ポイント:26ポイント(3%還元)(¥26相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年3月5日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:幻冬舎
販売開始日: 2009/07/30
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ゴミ分別の異常な世界―リサイクル社会の幻想(幻冬舎新書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    分別すればごみが減り、再生品も増え、環境にやさしいと信じる人は多い。だが現実は矛盾と弊害だらけである。世界一の分別数34を誇る“徳島県上勝町”の哀しき結末から、細かく分けてもリサイクル率が上がらない“愛知県碧南市”、業者と自治体の癒着で収集費に巨額の税金をかける“東京23区”など、日本各地の呆れた実態を徹底レポート。エコ推進の合い言葉「混ぜればごみ、分ければ資源」を再検証する。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 分別するとごみが減るって誰が言った!?
    第2章 焼却、埋め立て…知られざる分別後の世界
    第3章 リサイクルにかかるムダ金の、これが実態
    第4章 分別界の問題児、プラスチックを考える
    第5章 エコPR活動は謎だらけ
    第6章 外国はどこまでお手本になるか
    ごみ分別界の用語集
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    杉本 裕明(スギモト ヒロアキ)
    1954年滋賀県生まれ。早稲田大学商学部卒業。全農を経て朝日新聞社記者。廃棄物、自然保護、地球温暖化など環境全般をフォロー。石原産業のリサイクル偽装「フェロシルト事件」を発掘、刑事事件に持ち込む。国と地方自治体の環境政策・行政に精通し、環境カウンセラーとして政策提言など市民活動を展開

    服部 美佐子(ハットリ ミサコ)
    1952年東京都生まれ。明治大学文学部卒業。環境ジャーナリスト。環境カウンセラー。東京都日の出町の埋め立て処分場問題をきっかけに環境問題に取り組み、ごみやリサイクルをテーマに全国各地で講演活動を行う。環境省の検討会や葛飾区清掃審議会の委員などを歴任

ゴミ分別の異常な世界―リサイクル社会の幻想(幻冬舎新書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:幻冬舎
著者名:杉本 裕明(著)/服部 美佐子(著)
発行年月日:2009/07/30
ISBN-10:4344981332
ISBN-13:9784344981331
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:229ページ
縦:18cm
他の幻冬舎の書籍を探す

    幻冬舎 ゴミ分別の異常な世界―リサイクル社会の幻想(幻冬舎新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!