完訳 ファーブル昆虫記〈第8巻 上〉 [全集叢書]
    • 完訳 ファーブル昆虫記〈第8巻 上〉 [全集叢書]

    • ¥3,888117ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年8月27日火曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009001207161

完訳 ファーブル昆虫記〈第8巻 上〉 [全集叢書]

価格:¥3,888(税込)
ポイント:117ポイント(3%還元)(¥117相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年8月27日火曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:集英社
販売開始日:2010/03/05
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 85955位

完訳 ファーブル昆虫記〈第8巻 上〉 [全集叢書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    サシガメの幼虫は、なぜ砂まみれなのか?博物学の不朽の名著、画期的な個人完訳版。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    ハナムグリ―“親よりも先に生まれる子供”の謎
    2 エンドウゾウムシ―自然界の収税吏
    3 エンドウゾウムシの幼虫―豆の大きさと幼虫の数
    4 インゲンマメゾウムシ―外来の虫の災厄
    5 カメムシ―厳重な卵の蓋をはずす巧妙な仕掛け
    6 セアカクロサシガメ―肉食のカメムシ
    7 コハナバチ―巣穴に侵入する寄生バエ
    8 コハナバチの門番―巣穴の入り口を守るハチの役割
    9 コハナバチの繁殖―雌のみの世代と雌雄両性の世代
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ファーブル,ジャン=アンリ・カジミール(ファーブル,ジャンアンリカジミール/Fabre,Jean-Henri Casimir)
    フランスの博物学者。1823年、南仏ルーエルグ山地のサン=レオンに生まれる。少年時代から生活苦と闘いながら勉学にいそしみ、師範学校に進学。教師になってからも独学で数学、物理学、博物学を学び学士号を取得。カルパントラの小学校に勤務したあと、コルシカ島で国立中等学校の物理の教師になり、さらにアヴィニョンでも国立中等学校の物理の教師を務める。そのころから昆虫の行動観察に目ざめ、研究論文を次々に発表。様々な賞を獲得し、ファーブルの名前はフランスを中心に広く知られるようになる。五十五歳のとき、広大な庭をもつセリニャンの家に移住。自らアルマス(荒地)と名づけた自宅兼研究所で昆虫の観察に打ち込む。その前後三十年間の記録が『昆虫記』(全十巻)である。1915年、アルマスで永眠。享年九十一

    奥本 大三郎(オクモト ダイサブロウ)
    フランス文学者。作家。1944年、大阪市に生まれる。東京大学仏文科卒業、同大学院修了。主な著書に『虫の宇宙誌』(読売文学賞)、『楽しき熱帯』(サントリー学芸賞)、『斑猫の宿』(JTB紀行文学大賞)などがある。ファーブルについての著作も多く『博物学の巨人アンリ・ファーブル』、“ジュニア版”『ファーブル昆虫記』(全八巻・産経児童出版文化賞)などが多くの人に愛読されている。「NPO日本アンリ・ファーブル会」を設立。東京の自宅に昆虫の標本やファーブルの資料を展示する「ファーブル昆虫館」を開館。埼玉大学名誉教授。日本昆虫協会会長

完訳 ファーブル昆虫記〈第8巻 上〉 [全集叢書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:集英社
著者名:ジャン=アンリ・カジミール ファーブル(著)/奥本 大三郎(訳)
発行年月日:2010/03/10
ISBN-10:4081310157
ISBN-13:9784081310159
判型:A5
対象:一般
発行形態:全集叢書
内容:生物学
ページ数:359ページ
縦:22cm
その他: 原書名: SOUVENIRS ENTOMOLOGIQUES〈Fabre,Jean-Henri Casimir〉

    集英社 完訳 ファーブル昆虫記〈第8巻 上〉 [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!