温暖化論のホンネ―「脅威論」と「懐疑論」を超えて(tanQブックス) [単行本]

販売休止中です

    • 温暖化論のホンネ―「脅威論」と「懐疑論」を超えて(tanQブックス) [単行本]

    • ¥1,51846ポイント(3%還元)
100000009001212284

温暖化論のホンネ―「脅威論」と「懐疑論」を超えて(tanQブックス) [単行本]

価格:¥1,518(税込)
ポイント:46ポイント(3%還元)(¥46相当)
日本全国配達料金無料
出版社:技術評論社
販売開始日: 2009/12/18
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

温暖化論のホンネ―「脅威論」と「懐疑論」を超えて(tanQブックス) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    武田が吠え、江守が説き、枝廣がつなぐ。3人が描くそれぞれの地球温暖化論!ほんとうの温暖化論議はここからはじまる。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 温暖化の事実関係―気温は上がっているのか?それは人為的要因か?(気温上昇とその要因)
    第2部 温暖化を論じる際の「立場と発言」―科学技術コミュニケーションとリテラシー(科学者と市民とのコミュニケーション
    思考停止に陥らないための方法)
    第3部 温暖化の影響と対策―何をするべきか?あるいは、するべきではないのか(温暖化の影響を考える
    温暖化の影響についての評価
    温暖化の対策について考える
    温暖化論の核心)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    枝廣 淳子(エダヒロ ジュンコ)
    1962年生まれ。東京大学大学院教育心理学専攻修士課程修了。環境ジャーナリスト・翻訳家・有限会社イーズ代表。2つの会社を経営するかたわら、執筆、講演、翻訳、環境NGO運営など、環境を軸にマルチキャリアを展開

    江守 正多(エモリ セイタ)
    1970年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻博士課程修了。博士(学術)。97年より国立環境研究所勤務。2006年より国立環境研究所地球環境研究センター温暖化リスク評価研究室長。同年より東京大学気候システム研究センター客員准教授を兼務。専門は気象学、とくにコンピュータ・シミュレーションによる地球温暖化の将来予測

    武田 邦彦(タケダ クニヒコ)
    1943年生まれ。東京大学教養学部基礎科学科卒業。現在、中部大学教授。専門は資源材料工学。工学博士

温暖化論のホンネ―「脅威論」と「懐疑論」を超えて(tanQブックス) の商品スペック

商品仕様
出版社名:技術評論社
著者名:枝廣 淳子(著)/江守 正多(著)/武田 邦彦(著)
発行年月日:2010/01/15
ISBN-10:4774141038
ISBN-13:9784774141039
判型:B6
対象:専門
発行形態:単行本
内容:天文・地学
ページ数:220ページ
縦:19cm
他の技術評論社の書籍を探す

    技術評論社 温暖化論のホンネ―「脅威論」と「懐疑論」を超えて(tanQブックス) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!