うちのご飯の60年―祖母・母・娘の食卓 [単行本]

販売休止中です

    • うちのご飯の60年―祖母・母・娘の食卓 [単行本]

    • ¥1,87057ポイント(3%還元)
100000009001213291

うちのご飯の60年―祖母・母・娘の食卓 [単行本]

価格:¥1,870(税込)
ポイント:57ポイント(3%還元)(¥57相当)
フォーマット:
日本全国配達料金無料
出版社:筑摩書房
販売開始日:2009/10/24
ご確認事項:返品不可

うちのご飯の60年―祖母・母・娘の食卓 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    私たちは何を食べてきたのか。自給自足の山村生活からファミレス、カフェ飯ブームまで、食と社会の変化をたどる。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    プロローグ 今日のご飯は何にしよう
    祖母の土間の台所―1年で回す「食べごと」(暮らしを彩る行事食
    昭和20年代の山村で
    かまどの台所
    家じゅうに保存食)
    母の板の間キッチン―毎食決める献立(姉さんのおやつと洋食
    都会で過ごす昭和30年代
    先生は主婦雑誌
    ハンバーグ、コロッケ、ギョーザ
    田舎の夏とトマト
    モノがあふれるダイニングキッチン)
    娘のにぎやかな食卓―食べたい「私」が主役(スナック菓子と手づくりおやつ
    外食ざんまいの青春時代
    震災体験。1人暮らしと中食
    2人暮らしの食卓)
    エピローグ 東京のカフェで過ごす時間
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    阿古 真理(アコ マリ)
    ノンフィクションライター、生活史研究家。1968年兵庫県生まれ。神戸女学院大学文学部卒業。広告制作会社を経てフリーに。ブライダル情報誌、健康情報誌などを経て、週刊誌などでルポやインタビューを執筆。大学時代に培った社会学的視点から社会が抱える課題に切り込む。得意分野は、女性の生き方、生活、写真など

うちのご飯の60年―祖母・母・娘の食卓 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:筑摩書房
著者名:阿古 真理(著)
発行年月日:2009/10/25
ISBN-10:4480878092
ISBN-13:9784480878090
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:家事
ページ数:254ページ
縦:19cm

    筑摩書房 うちのご飯の60年―祖母・母・娘の食卓 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!